2009年02月20日 15:30

テレビを見るとボケが進行し、テレビゲームをするとボケ防止になることが判明

 
老人とゲーム

人間誰しも歳を取ります。

そして脳の働きはどんどん衰えるので、認知症といった問題も起こりやすくなります。

しかし趣味を持ち、それに熱中する人は、ボケの進行がかなり遅くなるという研究結果が出たそうです。

ただテレビの視聴はそれには含まれず、むしろテレビを見ることはボケを進行させるとのことです。

200人ほどの、軽い記憶障害のある70歳から89歳までのグループと、全く何の問題もないグループを比較調査しました。

米国神経学会(American Academy of Neurology Meeting)で発表された内容によると、50歳から65歳のときにどれくらい活動的であったかなどを調べたそうです。

この時期に読書、コンピューターゲーム、工作、物作りといった趣味にいそしんでいた人は、記憶障害を起こすリスクが40%も減っているそうです。

さらにその後に同様の行動を取っている人は、やはりリスクが30%〜50%ほど減っているそうです。

また、1日のテレビ視聴が7時間未満という人は、それ以上長く見ている人よりも50%も記憶障害になりにくいとしています。

この研究結果は、年齢を重ねることに対して消極的にならずに済む、と研究者は述べています。

クロスワードパズルや外国語の勉強など、新しいスキルを学習することも、将来的に脳が早く記憶を失っていくことを遅らせるとしています。

女性のパッチワークや編み物なども効果が大きく、いかに夢中になれる趣味を持つことが大事かを示しているようです。

テレビゲームもこの中に含まれていますが、子どもよりも老人にさせるといいようです。

脳トレ(脳を鍛える大人のDSトレーニング )のような、脳の活性化を(うた)うお年寄りも遊べる知育ゲームが増えていますが、実際に記憶障害防止に役立っていたのですね 。

BBC NEWS | Knitting 'can delay' memory lossより

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング
任天堂 (2005-05-19)
売り上げランキング: 418
おすすめ度の平均: 4.5
5 脳の活性化トレーニングはこんなに楽しい!
5 概要を5行でまとめてみた
5 20になっても続けよう
4 はまる教育ゲーム!
4 よかったvv

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. テレビを見るとボケが進行し、TVゲームをするとボケ防止に。  [ リアルの現在 ]   2009年02月22日 10:45
テレビを見るとボケが進行し、TVゲームをするとボケ防止に。 http://www...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。