2009年02月23日 05:19

「女が来るまで降りぬ」男性恐怖症の犬、男性救助隊員を拒否して崖の上に48時間

 
男性恐怖症の崖っぷち犬

崖下まで24メートルというところで、犬が遭難してしまいました。

丸二晩もそこから逃れられず、救助隊員が助けようとするのですが、なんとこの犬は男性恐怖症だったのです。

フォックスという名前のコリー・ハスキー犬を、何とか助けようと巻き上げ機でつり下げられた救助隊員が手を差し伸べるのですが、そのたびにひどく吠えたりうなったりを繰り返して後ろに下がってしまい、ちっとも降りて来る気配がありません。

それもそのはず、飼い主によるとフォックスは男性が大嫌いで、とても怖がるというのです。

このままでは(らち)が明かないため、動物愛護団体の女性スタッフが呼び出されました。

そこでようやく救出が可能となり、ケガもなく無事に家に帰ることができたそうですが、なんとも筋金入りの男嫌いのようです。

キツネを追いかけるのが好きなことからこの名前がついたそうですが、いつものように追いかけていたら崖から落ちてしまったそうです。

男性の救助隊が何度も助けに近寄るのですが、犬は救助隊の助けを拒否し、また救助隊員のほうも噛まれるのを恐れて、強引な救助は断念する運びとなったのです。

それから48時間経って呼び出されたのは31歳の女性で、彼女が犬用ビスケットを持って下りていくとフォックスはすぐに彼女の腕に飛び込み、顔をなめ始めたそうです。

助け出した女性は「初めて性別を理由に呼び出された」と伝えています。

それにしても女好きの崖っぷち犬がいたものです。

誰ですか?「その手があったか」と思わずつぶやいている不届き者は。

でも実際のところ、これが犬じゃなくて人間の男性だったら、問答無用で引きずり落とされている気がするのですが…。

Nothing To Do With Arbroath: Dog with a phobia of men left strandedより

内気と不安を軽くする練習帳
ロナルド・M・ラペイ
草思社
売り上げランキング: 8037
おすすめ度の平均: 4.5
4 難しい言葉がないのでわかりやすい。
3 内容は間違いなく星5つ、ただ自分にとっては星3つ
5 いいと思います。
5 かなりイイです。
5 内気と不安を軽くする練習帳

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる【恐怖症克服マニュアル】  [ わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる【恐怖症克服マニュアル】 ]   2009年02月24日 21:33
わずか5分でトラウマ・恐怖症が改善できる【恐怖症克服マニュアル】
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。