2009年03月06日 11:56

レイプ犯、刑務所でレイプされるのが怖くて死刑を望む

 
刑務所

罪を犯してしまったら償わなければいけません。

アメリカ・シアトルで、2人の女性を強姦した犯人が20年の禁固刑を受けたのですが、禁固刑の代わりに死刑にして欲しいと求めているとのことです。

ガルバン・ヘルナンデス26歳は2人の女性をレイプして起訴されました。犯行内容はひどく、首を絞めたり殴ったりしたとされ、20年の禁固刑を言い渡されました。

しかし刑務所に送られるとレイプされてしまうと恐れ、死刑を希望しているというのです。

警察によると、ガルバンは公園にいるホームレスの女性をコンクリートの塊で打ったり、噛み付いたりしたそうで、2度目の犯行のときに、たまたま通りかかった元軍人に押さえ込まれたそうです。

ガルバン・ヘルナンデスは小柄な男性で、間違いなくほかの囚人たちにレイプされるという不安を持っているようです。

そしてレイプされるくらいなら死刑のほうが千倍もましだと伝えているそうです。

レイプ恐怖症でありながら犯行に及んだという身勝手なガルバン容疑者。

被害者は現在もケガの後遺症があるそうです。

実際のアメリカの刑務所が、映画のような洗礼を受けるのかはわかりませんが、少なくとも恐怖という報いを受けなくてはならないようです。

Rapist asks for death, fears rape in prisonより

内向型営業マンの売り方にはコツがある―ムリに自分を変えないほうがうまくいく!
渡瀬 謙
大和出版
売り上げランキング: 21
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に素晴らしい本です。
5 世の中に多い内向型の性格の営業マンにとって救いの書です
5 今までなかった本
5 体育会系の営業スタイルでなくても、いいんですね。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. レイプ犯の恐怖  [ つれづれなるままに ]   2009年03月07日 00:35
罪を犯してしまったら償わなければいけません。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。