2009年03月28日 21:55

スピード違反の罰金の支払い、受け取り拒否された理由は…「尿」

 
コイン

スピード違反や駐車違反などで罰金を支払うのは、自業自得とはいえ嫌なものです。

アメリカで206ドル(約2万円)の罰金を受けた男性が、郵便で、しかも全部硬貨で送りつけました。

もともとコインで支払える最大額は20ドルまでという決まりのため、その時点で受け取ってもらえないのですが、警察が却下した理由はそれだけではなかったのです。

なんと硬貨はまるまる尿に浸かっていました。

郵便の小包そのものはしっかり梱包されており、外からはまったく臭わず、開封して初めて分かるようになっていました。

郵便局によると、サンプルとして尿を郵送することはあるため、しっかり包装されて送られている場合は、郵便としては違法ではないそうです。

男性は罰金を受けた腹いせに行ったのだと思いますが、警察側は、利子も併せて請求額の271ドルを払ってくれさえすれば、もう追求はしない方針だと述べています。

アメリカでは、この手の逆恨み的仕返しは、自分にしっぺ返しがくると分かっていても多いそうです。

尿を梱包する手間などを考えると、よほど悔しかったのでしょう。

警察の対応は寛大に見えますが、下手に受け取り拒否を続けると、払わなくてすむ方法として真似しまうと危惧したのかもしれません。

$206 Ticket Paid With Urine-Soaked Coins - Automotive News Story - KPTV Portlandより

できる大人の“一筆添える”技術
むらかみ かずこ
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 27
おすすめ度の平均: 5.0
5 読んでいる最中に、自然に筆をとりました(笑)
5 一筆添えずにはいられない
5 無理なく相手を気遣える方法
5 たった三行の「一筆箋」で相手が美しく見えるなんて
5 さっそく書いちゃいました

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。