2009年03月30日 17:08

罪の意識にさいなまれたのか、13年前に食い逃げした代金を返還

 
インド料理

罪の意識というのは、もしかしたら償うまで消えないのかもしれません。

13年前に無銭飲食した人が、その支払いを警察に送っていたことがわかりました。

匿名で書かれた手紙といっしょに入っていたのは60ポンド(約8400円)分の現金紙幣で、当時は10ポンド(1400円)相当の食事をしたようですが、お詫び分として余分に入っていました。

手紙

警察に届いた理由は、無銭飲食したそのインド料理レストランはすでに廃業しており、そこのオーナーへのことづけをお願いしたいといった内容の手紙になっています。

支払ずにいたことを忘れていたと書かれており、今になって思い出したので、返金することにしたようです。

ここまでして払うのは良心のあるいい人だと思いますが、もしかして13年前にしっかり支払いをしておいたら、店もつぶれなかったかもしれません。

Nothing To Do With Arbroath: Old bill appeal for curry houseより

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 (光文社新書)
山田 真哉
光文社
売り上げランキング: 38536
おすすめ度の平均: 4.0
5 数字の魔法
3 例の内容より、それをもとにして説明したいと思っていることに着目すること。
3 数字を使いこなして説得力をつけよう
5 かなりの良書です。(2時間で読めます)
4 数字に関する分かりやすい解説書

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。