2009年04月08日 21:27

森から叫び声!救助隊が向かうと…本が面白くて大笑いしている男がいた

 
森

もしも、森の中から叫び声が聞こえてきたらどうしますか?

パニックになりつつも、あわてて警察に通報するのが自然な行動だと思います。

ドイツの森で「男性の叫び声が聞こえた」と、女性から通報があったのですが…。

通報を受けた地元の緊急ホットラインは、ただちにパトカーやヘリコプターを手配しました。

叫び声は3時間も続いていたといい、急いでその男性の声のする現場へと向かったのです。

そして警察が男性を発見したのですが、男性は叫んでいたわけではなく、単に本を読んで笑っていただけだったのです。

男性によると、静かで邪魔されない場所として、わざわざ森を選んで読んでいたそうです。

ハタ迷惑な笑いよりも、いったいどんな本を読んでいたのか気になりますよね。

でも残念ながら警察から読んでいた本の公表はないようです。

3時間笑い叫び続けさせた本…、次第によっては最高のプロモーションになるかも、なんて思ってしまいました。

Laughing German triggers emergency rescue | Deutsche Welleより

本を読む本 (講談社学術文庫)
モーティマー・J. アドラー C.V. ドーレン
講談社
売り上げランキング: 557
おすすめ度の平均: 4.5
4 読書前のストレッチを
5 読書人の進歩と調和、緊張と緩和
5 「すぐれた書物ほど、読者の努力に応えてくれる」
4 売れれば万事良しみたいな言葉は良書に必要でしょうか?
5 これぞ読書だ!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。