2009年04月14日 22:15

「赤ちゃんのときに洗礼を受けたのは自分の意志と反している」無神論者が取り消しを求め認められる

 
洗礼

子供の権利と言うのは、どこから本人の意志を尊重すべきか、線引きが難しいところです。

特に宗教などは、親と同じ信仰を持つのが普通です。

ある無神論者が、自分の意思に反して赤ちゃんのときに洗礼を受けたとして、洗礼の取り消しを求めたというニュースがありました。

看護士であるジョン・ハントさんは、生後5ヶ月のときに英国教会の洗礼をロンドンの教会で受けました。

学校へ通いながら、彼が11歳のときに神を信じないとの決断を下し、教会の日曜学校に通うことをやめたそうです。

現在56歳になった彼は、洗礼を取り消したいと思い、教会の記録から削除するよう依頼をしましたが、教会側からそれはできないと言われてしまいました。

そこで、NSS(National Secular Society)という団体に依頼し、迷信などを拒否する意味を込めて、洗礼取り消し証書を発行してもらったのです。

そして今週、教会側もついに洗礼取り消しを認めたとのことです。

NSSによると、もともと冗談で始めた証書が今では10万人にダウンロードされ、無神論者が増えてきていることを物語っているようです。

Atheist wins right to have baptism removed as he did not consent as a baby - Telegraphより

朝専用!モーニングカウントダウンクロック ホワイト
セガトイズ (2009-04-06)
売り上げランキング: 44

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 宗教のダメなところは?。  [ ルービックマジック ]   2009年04月15日 00:33
「赤ちゃんのときに洗礼を受けたのは自分の意志と反している」無神論者が取り消しを求め認められる かなり前から自分が思っていたことが紹介されています。これから少しずつ無神論者が増えていくと思います。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。