2009年04月21日 13:02

人の手で造られたとは信じられない、針の穴より小さな彫刻

 
針の穴より小さなアート00

針の穴に糸を通すだけでも、最近老眼で…、いえ疲れ目でキツいなんてことはありませんか?

世の中には針の穴の中に、ほれぼれするほど精巧な彫刻を造るアーティストもいるのです。

ミニチュアアートの巨匠といわれる、Willarad Wigan氏による目まいがするくらい小さな作品をご覧ください。

針の穴より小さなアート10

世界一小さなオバマ・ファミリー。


針の穴より小さなアート01

マッチ棒より小さいボクシング・リング。

レフェリーやロープまで再現されているのにびっくりです。


針の穴より小さなアート02

ハリーポッターに出てきそうなフクロウ。


針の穴より小さなアート03

誰?

イギリス、ヴィクトリア朝を代表する作家、チャールズ・ディケンズだそうです。


針の穴より小さなアート04

釘のステージで歌う、エルヴィス・プレスリー。


針の穴より小さなアート05

釣り針の上のピーターパン。


針の穴より小さなアート06

針の中の白雪姫と7人の小人。


針の穴より小さなアート07

アダムとイヴ。もしかして鉛筆の芯をくり抜いたのでしょうか…。


針の穴より小さなアート08

小さ過ぎて判別不能な、キリスト・最後の晩餐。


針の穴より小さなアート09

小さくてもよく考えています。


針の穴より小さなアート11

虎。


針の穴より小さなアート12

沈没よりも風に飛ばされないか心配な、タイタニック。


針の穴より小さなアート13

ロンドンタワーブリッジ。


イギリス・バーミンガム生まれのWillarad Wigan氏は、世界で最も小さな彫刻を造ると言われています。

彼は5歳の時に失読症(ディスレクシア)になり、ミニチュア作品を掘る時には、半ば瞑想状態となって手先が震えないと言います。

ディスクレシアの人は、特別な能力を発揮することがあるそうです。

ディスレクシア障害者は一般人に比べて映像・立体の認識能力に優れていると言われ、工学や芸術の分野で優れた才能を発揮している者も多い。これは左脳の機能障害を補う形で右脳が活性化しているためと考えられており、最近は若年者の治療において障害の克服と共にこうした能力を伸長させる試みも行われている。
Wikipedia:ディスレクシア

The Art of Miniature: 10 Amazing Ultra-Small Artworks | WebUrbanistより

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。