2009年04月22日 23:07

ATMの不具合で900万円を引き出した夫婦に有罪判決…意見殺到

 
ATM

あなたは正直者ですか。

もし現金が不正に手に入ってしまったとき、魔がささない自信がありますか。

ATMから不正にお金を引き出した夫婦が逮捕されるという事件があり、執行猶予つきの有罪判決が下されたことに対して、イギリスでは話題となっていました。

ATMに不具合があり、現金を引き出しても口座に記載されないという状況で、正直にそれを届けられるか、というところがポイントとなったようです。

ジョアン・ジョーンズ33歳と夫ダレン29歳は、欠陥のあるATMに3ヶ月の間に300回以上も足を運び、一度に200ポンド平均(約3万円)の現金を引き出し続けました。

その合計は61000ポンド(約870万円)以上となり、銀行の設置した監視カメラにより、彼らであることが判明したそうです。

二人は引き出した現金を、スポーツカーを買う頭金や、衣類、高級ホテル滞在などに使っていたようです。警察が彼らの家をガサ入れしたときには、現金が入った封筒に「旅行用」「車」「衣類」「キッチン」「赤ちゃん」とラベルが付けられていたそうです。さらに「借金」と書かれた封筒には30000ポンド(約430万円)が入っていました。

ブランド衣類や化粧品などのレシートもたくさん見つかっており、かなり贅沢に生活していたと検察側は見ているようです。

不具合の内容ですが、彼らの口座の状況は1000ポンド(約14万円)のマイナスとなっていたにもかかわらず、そこから現金が引き出されても口座に記入されなかったそうです。

警察尋問で、ジョアンは自分たちが61400ポンドもの金額を引き出したと聞いて驚いており、夫のダレンは銀行側の責任であると主張しているようです。

それぞれ9ヶ月の執行猶予と250時間の社会奉仕活動がついた有罪となりました。

それまで二人に前科はなかったものの、ジョアンが勤めていた投資銀行ではもう働けないようです。

この有罪判決を受けて、世間の反応は賛否両論に分かれていました。

抜粋してご紹介します。

・4.5ヶ月の刑で、60000ポンド…。オレならやるな。お得だろ。

・また銀行員なの?銀行員は強欲の見本?もうこれから誰かが強欲なら、「あれは銀行員ね」と言えるんじゃない?

・人間の弱さを強調するより前に、個人の責任や道徳的な決断は?二人はそれが盗みだということは重々わかっていたでしょう。人間だからと同情していたら次は殺人が起こったときに、人間だからと言わなくちゃいけなくなる。

・9000ポンドの中古車を買うというのは夢のような話でもなんでもないな。

・政治家や銀行員は何百億というお金を盗んでいると思うんだけど、彼らはいつ起訴されるんだい。

・この二人は捕まることを想定しておくべきだった。しかし銀行などが公的資金を自分たちのボーナスに当てているのと、どれだけ違いがあるんだ?むしろ後者のほうがひどい盗みだと思うが。

・銀行に勤めていて、つかまると思ってなかったの?単なるバカでしょう。見つかってよかった。

・引退したプログラマーだが、そこの銀行のATMプログラムのエラーを報告しようとしたが、改善されなかった。ATMの利用中に広告が出てきて、Yes/Noの返事が必要なんだが、返事のない客のためのコードがなかった。初歩的なミスだね。システムを改善すべきだ。

・同じような客たちが一斉に引き出して、その3ヶ月の間に何億という金が引き出された可能性を思うと、この二人は銀行を救ったようにも思う。

・この二人が悪者かどうかは疑問。きちんと記録されるようにしておくのは銀行の仕事じゃないか?100ポンドくらい引き出して、それが記録されず、自覚が無かったらそれも犯罪なのかい。

・250時間の奉仕活動で割ると時給245ポンドだ。そんな仕事があったらしたい。

・こういう話は、前科持ちになって働けるところがなくなるまでは、よく見えるんだよ。

・うちの街にもそんなATMが欲しい。これは銀行の責任だと思うね。みんな誘惑には弱いものだろう。絶対に誘惑に負けないとか言い出すやつの口は石鹸で洗っておくべき。

・おい、正直になろうぜ。お前らもやるだろう?

・会社や企業はすごいお金を保険にかけていて、コンピューター担当のせいじゃないなんて、悲しい話だな。

・たった61000ポンド?あまり頭が良くないな。

・これは銀行がミスに客が乗じたというケースだが、私はここの銀行の客だったが、客のミスに銀行が乗じて知らない間に金が引き出されたことがあったよ。どこかおかしくないか?客は正直でミスに乗じてはいけないが、銀行は同じことしてもお咎めなしだ。

・後悔はつかまったことだけでしょう。

・現金が消えていくことに対して、カメラを設置?銀行のシステムの悪さが伺えるな。

・この事件の教訓は、結局は捕まるということよ。彼らに子供がいなくてよかったわ。

・21世紀のレッスンじゃないかね。稼ぎの範囲内で生活しろという。

・銀行も同じだけ悪い。

・どうしてこれから返済額を決めるとか言うんだ?全額プラス利子に決まってるだろう?

・盗みは盗みだ。同情の余地はない。

いろんな意見がでておりますが、夫婦も銀行も双方に問題があると言えるようです。

いろんな意味で、正直が一番ということでしょうか。

Nothing To Do With Arbroath: Couple stole £61,000 from faulty cashpointより

毎日が楽しくなる17の物語
志賀内 泰弘
PHP研究所
売り上げランキング: 71

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。