2009年05月04日 12:51

背景に溶け込んだ透明の車が登場

 
透明の車

とうとう、透明の車まで出来てしまったようです。

と言ってもボンドカー的な装置というわけではなく、実は22歳のイギリスの大学生が自動車にペンキを塗って周りの色に溶け込ませたものなのです。

美術大学に通うサラ・ワトソンさんは中古の車を手に入れ、自動車が透明に見えるようなイメージを作り上げました。

彼女はインパクトのあるものを作りたいと思い、周りの色と完全に混ざり合うように3週間かけて作ったそうです。

この透明の車に気付かず、通りを歩いて近づいてきた人がぶつかりそうになると言うから、相当なものですよね。

色合わせなど、かなり根気のいる仕事だと思いますが、出来上がりは見事で何度か見直してしまうほど。

コンピューターグラフィックのようなこのイメージは、ストリート・アーティストであるジュリアン・ビーバーの作品を連想してしまいます。

実際に自分の目で見て触ってみたくなる作品ですが、これなら駐車違反を取り締まる警察も気づきにくいかも…なんてわけにはいきませんよね。

Nothing To Do With Arbroath: Artist creates invisible carより

クリーンブラシ(洋服ブラシ)ミラー付
サワフジ (2006-08-14)
売り上げランキング: 847

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
皆さん、ご自分のクルマは大切ですね。。。。 でも勇気をもって、自分の車を犠牲にす...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。