2009年05月12日 09:02

不況の余波はここまで…スペインで自分の臓器を売りに出す人が続出

 
手術

不況にインフルエンザと、世界中で景気のいい話はちっとも聞こえてきません。

ヨーロッパで一番失業率の高いのはスペインで、17%という状態です。

そんな生活に困ったスペイン人が、インターネットで移植手術用に自分の腎臓を売り出しているそうです。

近頃スペインでは腎臓を売る広告が一気に増え、ヨーロッパの他の地域から移植を求めて来る人々をターゲットに、生活のために売り出しているそうです。

42歳の4人の子供を持つある男性は、ドイツ人の夫婦に2万ポンド(約300万円)を提示されました。ドイツ人夫婦は5歳の息子のための腎臓を探しており、検査で適合することがわかれば、手術はさらに別の国で行われることになっているそうです。

国によっては倫理的な問題もあり、違法とされているところもあります。ドイツでは腎臓移植のために5年待つことも珍しくないそうで、それまでに子供の命は持たないという現状があるそうです。

スペインでも臓器売買の広告を出すことは違法だそうですが、家のローンが支払えずに他に方法もなく売りに出す人も多いとのことです。

WHO(世界保健機関)によると、年間に行われている腎臓移植手術は約7万件あり、そのうちの20%が闇で取引された臓器だとしています。

先進国であるスペインでさえ臓器売買が行われ始めているという事実が、今の経済状態を如実に物語っているようで、何かうすら寒いものさえ感じます。

Jobless Spaniards sell kidneys to transplant tourists - Times Onlineより

骨髄ドナーに選ばれちゃいました
石野 鉄
小学館
売り上げランキング: 287121
おすすめ度の平均: 4.0
3 ベタ移植
4 ☆うん、分かり易い☆
3 調整医師、コーディネーターに読んで欲しい
4 詳しくて読みやすいです
5 意外におもしろい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 発展途上国なら話はわかるんだけど……  [ 今日の話題 ]   2009年05月14日 16:38
不況だ不況だといいますが、日本の完全失業率はいまのところ5パーセント前後ですから、他の国と比べるとまだマシのようです。 同じ先進国??.
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。