2009年05月12日 20:44

夜空に高さ300メートルの火柱…モスクワで天然ガスのパイプラインが爆発

 
モスクワ天然ガス火災00

5月10日にロシア・モスクワで、老朽化した天然ガスのパイプラインが爆発しました。

最大300メートルという巨大な火柱が上り、深夜の市街地が明るく染まったそうです。。

モスクワ天然ガス火災01

巨大な炎と共に辺りに立ち込める白煙。


モスクワ天然ガス火災02

遠目からみるとまさに閃光。


モスクワ天然ガス火災03

駆けつける警察官と警察犬。


モスクワ天然ガス火災04

ビルがミニチュアに見えるほどの高い火柱。


モスクワ天然ガス火災05

これほどの火災ですが、翌日の段階ではけが人が5人出たものの死者は出ていないそうです。


モスクワ天然ガス火災06

騒然としながら見守る市民。縦に伸びた影が、炎の明るさを示しています。


モスクワ天然ガス火災07

モスクワの過去数十年で最悪の火災だそうですが、他の地域に延焼しなかったことが不幸中の幸いでした。


モスクワ天然ガス火災08

まるで舞い上がる昇竜のよう。


モスクワ天然ガス火災10

これだけ燃えているのに、野次馬が冷静に観察しているあたりがロシアらしいと言うか…。


モスクワ天然ガス火災09

天然ガスの引火もあり得えそうなこんな状況で、避難もせずに近くで観察するなんて、恐ろしくてできません。


モスクワ天然ガス火災12

当日はナチスドイツの降伏を記念した「勝利の日」の祝賀行事が行われた直後だったため、テロの可能性も疑われましたが、原因は老朽化した施設の技術的な問題だとのことです。

ロシアではエネルギー施設の老朽化が進み、今後の課題となっているそうです。

火災現場の映像はこちら。

Huge gas explosion in Moscow (29 photos+1 video) より

天然ガスが日本を救う 知られざる資源の政治経済学
石井 彰
日経BP社
売り上げランキング: 62900
おすすめ度の平均: 5.0
5 排出二酸化炭素量6%削減は可能! 京都議定書の公約達成の方法が分かる唯一無二の名著
5 本書をきっかけとして、天然ガスの重要性の理解が進むことを願いたい。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。