2009年05月14日 12:21

不況で差し押さえされていたのは…なんと墓場だった

 
墓場まで差し押さえ

不景気を物語るニュースが増えてきましたが、カリフォルニアでの一枚の写真が話題に上っていました。

そこには墓地の差し押さえの看板が写っていたのです。

もともとプライベートな墓地であったらしく、差し押さえとなると別の墓地会社に売却されるのではないかと思われるものの、不景気になると死んでからも心休まるところは無いことを物語っています。

そして、亡くなられている方を立ち退きすると言うわけにもいかず、墓ごと差し押さえとなったようです。

現在墓地も不景気の打撃を大きく受けているそうですが、差し押さえになったからといっていきなり墓地以外の用途で使うわけにもいかず、倫理上の問題がいろいろ出てくるかもしれません。

死後に墓が差し押さえられるという事態は避けたいものですが、こればっかりは死んでいるだけにどうにもならないというか、成仏できる気がしませんよね。

FREAK Shots: Death and Foreclosure - Freakonomics Blog - NYTimes.comより

あの世はどこにあるのか
森田健
幻冬舎
売り上げランキング: 12592
おすすめ度の平均: 4.5
4 縁が織り成すあの世の考察
5 「生まれ変りの村」読者必見!
5 身近に感じる
5 あの世にマジに迫った歴史上最初の本だろう
1 この手の話しは嫌いじゃないけど

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。