ゲーム / zeronpa / URL
2009年05月15日 11:26

クソゲーの名を欲しいままにしている「QWOP」に挑戦してみたぞ、と

 
QWOP00

余りのバカゲーっぷりに盛り上がりを見せ始めているゲームがあります。

「QWOP」と言って、その名の通りQ、W、O、Pの4つのキーだけを使い100メートル走る、ただそれだけのシンプルなフラッシュゲーム。

これの何が凄いのかというと、1メートルすら前に進むのが難しいんです…。

QWOP01

別にふざけてこうなっているわけではなく、初めてやれば、誰でもこうなります。

登録とか一切必要ないので、下のページを開いてやってみれば分かります。

QWOP

画面をクリックしたら、QWで「太もも」、OPで「ふくらはぎ」を動かします。(日本語はOFFにしないと動かないようです)

理屈がわかったところで、始めたガンダムに乗ったアムロの気持ちになるんですけどね…。コケたらスペースを押すとやり直しができます。

ゲームができない人は、以下の映像をご覧ください。

もうなんというか、後ろに進むほうが簡単な感じが伝わってきますよね。

二足歩行ってこんなにも大変な偉業だったとは、人間って素晴らしいと実感しました。


QWOP02

ちょっと頑張った時の画像。


QWOP03

自分を褒めて上げたいです。

コツとしてはボタンを押しっぱなしにせず、重心が前に移ったタイミングでQWを使うといい感じな気がします。

どんなクソゲーにも達人はいるもので、100メートルを華麗に走りきる映像がありました。

凄すぎる…。

何を思ってこのゲームをリリースしたかはわかりませんが、個人的に今年のバカゲー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。

超クソゲー (QJブックス (03))
阿部 広樹 箭本 進一
太田出版
売り上げランキング: 198745
おすすめ度の平均: 3.5
4 インターネットの生んだ一つの文化かも
4 ときメモの"ドキュメント"が秀逸。
5 けなし代という概念
4 コンセプトの柔らかさ
3 「隠れた名作」をクソゲー呼ばわりはどうか。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. おバカだけど笑える100m走ゲーム  [ すた・ばにら ]   2009年05月16日 03:21
面白そうと思って手に入れたのに、やたらと難易度が高すぎ(低すぎ)たり期待した内容からかけ離れているなどで、遊ぶ価値ナシだと失望してしまうゲームがたまにあります。それも個人のスキルの問題ではなく、ゲームの仕様やバグに起因している万人共通の評価だったりします...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。