2009年05月20日 17:59

ミッシングリンク解明か…ヒトや類人猿の共通の祖先と思われる4700万年前の化石が公開

 
ヒトや類人猿の共通の祖先00

ノルウェーの化石専門家が、ヒトと類人猿の共通の祖先の可能性がある4700万年前の化石をアメリカ自然史博物館で公開しました。

「アイダ」"Ida"と名付けられたキツネザルに似たこの化石は、対置した親指を持ち、目も前方に寄っているなど、霊長類の特徴を備えているそうです。

Idaは1983年にドイツのメッセル・ピットで個人収集家によって発見されました。当時発見した収集家はIdaの価値に気付かず、2つに折ってしまったそうです。

ヒトや類人猿の共通の祖先01

この場所は始新世(約5,500万年前〜約3,800万年前)の化石が多く出土する地域だとのことです。

果物、葉っぱ、種子などがIdaの胃袋から見つかり、草食動物であることが判明しています。


ヒトや類人猿の共通の祖先02

手のレントゲン写真。物をつかむのに適した対置した親指が特徴。


ヒトや類人猿の共通の祖先03

骨格想像図。

長い尻尾を持っていますが、たしかに霊長類の祖先らしい雰囲気があります。

Idaは生後9カ月のメスで、身長90cm。

水際で二酸化炭素のガスを吸い込み意識を失い、湖底に沈むことで4700万年もの間保存されたと見られています。

Idaによって人類の進化のミッシング・リンクが埋まるのか、期待が持たれます。

The J-Walk Blog: Meet Idaより

進化から見た病気 (ブルーバックス)
栃内 新
講談社
売り上げランキング: 2049
おすすめ度の平均: 4.5
5 「なぜ,病気がなくならないのか」という逆転の発想からスタートさせ,生物の進化というものの本質を考えていく。
4 北海道大学理学部人気研究室の先生の著書
4 進化医学のライトな概説書

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。