歴史 / zeronpa / URL
2009年05月30日 21:02

世界一若いメキシコの「パクリティン火山」…溶岩に半分飲まれた教会

 
パリクティン火山00

世界で一番若いメキシコの「パリクティン火山」は、1943年に噴火と共に隆起し誕生しました。

それから9年間火山活動は続き、近隣の二つの村を飲み込んだそうです。

その中で埋もれかけた教会の尖塔と祭壇だけが、ひっそりと今も残っています。

パリクティン火山01

第二次世界大戦の真っただ中、メキシコの標高2000mの高原にあったトウモロコシ畑が裂け、マグマと火山灰を噴出し、1年後には336m、最終的に424mほど隆起したそうです。


パリクティン火山02

近隣の村はマグマに飲み込まれたものの、死傷者は出ませんでした。


パリクティン火山03

小さい火山とはいえ、自然の脅威の前には為す術がありません。


パリクティン火山04

完全に飲み込まれた教会の中央部。


パリクティン火山07

上空から見た写真。


パリクティン火山06

現在は死火山となっており、現在では少しずつ緑も芽生えています。


パリクティン火山08

見渡す限りマグマのなかに、ぽつんと教会とキリスト像が残ったため、現地では神の奇跡だと崇められているそうです。


パリクティン火山09

小さい火山とはいえ、山頂へ登るには数時間かかると言います。


パリクティン火山10

畑だった場所が噴火してしまうというのは、火山列島に住む我々としても不安を覚える話ですが、実際には何年も前から地面の陥没や温度の上昇が観測され、徐々に地震の頻度が高くなっていったとのことです。

Nuevo San Juan Parangaricutiro - Wikipedia, the free encyclopediaより

あなたは生き残れるのか?―大震災生存の達人・改訂版 (小学館文庫)
柘植 久慶
小学館
売り上げランキング: 67696
おすすめ度の平均: 5.0
5 地震対策の本の中ではダントツNO.1
5 小説と違って・・・

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。