2009年06月23日 11:49

今だかつて見たことのない、恐るべきおもちゃの写真が話題に

 
無邪気な赤ちゃん

子供向けのおもちゃは、出来るだけ教育に沿った、成長に役立つものが多いのですが、中には目的がちょっとずれた面白いものも出回ります。

誰の趣味だったのかわかりませんが、「今までに見たこともない恐ろしいおもちゃ」とタイトルのついた、かなり衝撃的な画像が話題となっていましたのでご紹介します。

※画像をクリックして拡大
恐るべきおもちゃ01

妙に凝りまくったディティールと、乗っている無邪気な子供のコントラストがなんとも言えません。

恐るべきおもちゃ02

こんな強烈な画像を見て、海外サイトでも盛り上がっていました。

コメントを一部抜粋してご紹介します。


・大量生産求む。

・これどこで手に入れられるんだ?

・脳はとても快適なシートになると、常々思っていたんだ。

・きっとスリッパにしてもすごいと思うよ。

・あうっ。

・場所と値段は?

・脳みそ!

・私の娘はきっと気に入るわ。

・この画像はタイトルを「今までにない素晴らしいおもちゃ」に変えて投稿しなおすべきだ。

・かっけー。

・ゴーストバスターズ。

・燃やせ。

・どこへ行ったらこの魔法のマシンを買えるんだ。

・運転中に目が動いたらさらに最高だ。

・わお、快適そうだ。

・くれっ。

・恐ろしいはちがう。かっこいいが正しい。

・子供はトラウマになってることさえ気づかない。

・僕が子供を持つまでこういうのが存在していてほしい。

・オレはこれの靴バージョンが欲しい。

・この娘の最初のボーイフレンドに同情する。

・これはおもちゃじゃないだろう。

・もうすぐハイブリッドも出るんだ。

・もうちょっとで子供が欲しいと思うところだった。

・子供の頃にこれがほしかった。

・きっと心地よくてやわらかくてちょっと濡れてるんだ。乗りたくない奴なんて誰もいないだろう。

・ブルンブルーンッ。

・赤ちゃんのほうがおもちゃより怖い。

・すげぇ。

・その幸せそうな赤ちゃんを見てみろよ。まぶたをつかんでるぞ。


反応が想像していたものと大分違っていたというか、ゲームでもアニメでも欧米では妙にリアリティのあるものが好まれるのを忘れていました。

あまりに強烈なインパクトですが、実は格好いいのでしょうか…。

デザインもここまで徹底すれば、アートと呼べるのかもしれません。

にこやかで幸せそうな赤ちゃんこそが、写真が人気を呼んでいる秘訣なのでしょうね。

Creepiest. Toy. Everより

いたずら1歳やりたい放題 ビッグ版NEW
ピープル
売り上げランキング: 647

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。