2009年06月25日 19:20

ついに両親の離婚をSNSの状態表示で知ってしまう子供が現れた、と話題に

 
離婚夫婦

友達と連絡をとったり情報交流したりと、MixiやGREEなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もすっかり定着しました。

便利なサービスですが、なんと親の離婚を海外の大手SNS「Facebook」によって初めて知った子供まで現れたと、話題を呼んでいます。

Facebookは自分の状態を「独身」や「既婚」など、そのときどきのステータスによって変更できるのですが、そこでジャニスと言う女性はステータスを「既婚」から「独身」に変えたそうです。

そして、それを見つけてしまったのが彼女の子供。

「父さんと離婚したの?」とコメントで尋ねています。

すると母親は「あなたに伝えるのを忘れていたわ」と返答。

ついに親の離婚を最初に知るのが、SNSの状態表示という時代が到来してしまったようです。

さらにそのやりとりは、世界中から見られる状態になっている、というわけです。

このことが話題となり、コメントが集まっていました。

一部抜粋してご紹介します。


・ソーシャルネットワークの第一のルールは、自分の両親が入ってきたら、アカウントを削除することである。

・あるいは友達登録しないことだ。俺は家族の誰とも登録していない、だから幸せだ。

・そんなのはマシな方、義理の両親が入ってきたらもっとひどいことに。

・賛成だ。俺はじーちゃんからTwitterでフォローされている。

・僕はグループ分けして家族監視のグループを作っている。友人をそばに置いておくのを忘れてはいけない。敵をそばに置いておくのも忘れてはいけない。そして家族をさらに近くに置いておくのも忘れてはいけない。

・これは間違いだろ。いや両親がFacebookにいることがだよ。

・両親と友達登録してはいけない。俺は痛い目を見て学んだ。

・最近の親は…ハイテク過ぎ…。

・いい家族だなぁ。

・4年間、話をしていない父親が友達登録をしてきた…。

・むしろこれは始まりだろう。母が友達にすり寄ってくるかもだ。

・僕の推論ではこうだ。母親がFacebookに登録したが、関係を表す状態表示を変えていなかったので、「独身」で入った。それを見た息子が冗談コメントを出した。それに母親が返事を冗談で返した、という感じ。

・これ本当だったら、面白いのか分からないな。

・悲しいけど、すごいわ。

・母親から数ヶ月前に登録がきた。サービスから抜けるとき、まだそのままだった。

・7年前に母親と義理の父親が離婚したのを知ったが、未だにそのことについて触れていない俺。

・親に友達登録を拒否された。

・情報がすべてSNSから来たら悲しいな。


親の離婚は子供にとってかなりショックなものですが、直接知るのと間接的に知るのは、どちらが良いのか難しい問題です。

新しい家族のつながり方かもしれませんが、日本もそのうちMixiやGREEで、真っ先に家族の情報が分かる日が来るのかもしれません。

You and dad got a divorce?より

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎
光文社
売り上げランキング: 39
おすすめ度の平均: 4.0
5 共感と納得。業界の人は読むべきだと思うよ。
4 読み手によって感じ方は様々でしょうね
2 編集者特有の…
1 =「現実社会の人々はほぼバカと暇人」という結論
4 ネットやブログを利用しても、いまいち人生が盛り上がらない人に

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 6月末の SAPP 関連記事&Hackathon レポート  [ ラボブログ ]   2009年06月28日 19:12
スパイスラボ神部です。 先日参加した Google Hackathon のレポートがあがっていました!なぜか打ちのチームが写真に写っています。 -Google ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。