2009年07月02日 05:47

毎日の性交渉は妊娠確率を上げることが判明…不妊治療の最前線

 
不妊治療

そんなの当たり前と思いませんか。

数打ちゃ当たると言うことで、毎日励めば妊娠確率が上がって当然と思うかもしれません。

男性のほうに不妊の原因がある場合、毎日の行為により精子の質が向上し、妊娠しやすくなるという医学調査の結果が出たそうです。

118人の男性を対象に一週間の調査したところ、毎日射出することで精子がより鮮明となり、DNAの損傷なども減るとの結果が出ました。

シドニーで不妊治療をしているデイビッド・グリーニング医師によると、10人中8人の男性の精子のDNAの損傷が、毎日射出させた7日目には12%も下落していたとのことです。

ただし精子の数も1億8000万から7000万へと減少していたそうですが、十分に生殖可能な範囲内とみなしています。

さらに精子は7日前よりも活動的で、運動性が上がっていました。また、精子が長い間睾丸に留まっているとDNAの損傷が増すそうです。

グリーニング医師は「しかしながら、あまり長期的に毎日の性行為を繰り返し過ぎると、今度は精子の減少も心配される」と言っています。

排卵日のタイミングに合わせて、毎日励むことを推奨しています。

流れを止めないようにすることが大切なようですが、不妊治療の専門家でシェフィールド大学のアラン・ペイシー医師は「毎日の射出が受精のチャンスを向上させることは興味深い」としながらも、「元から精子数の少ない男性など、すべての男性に当てはめるのは正しくない」としています。

不妊に悩む夫婦の参考となれば幸いですが、毎日の方が良いと聞いて、喜ぶべきなのか、がっくりすべきなのか、こういうところで夫婦関係が浮き彫りになるのかもしれません。

Nothing To Do With Arbroath: Having sex every day improves your chances of getting pregnantより

すべてがわかる妊娠と出産の本
ハイディ マーコフ サンディ ハザウェイ アーリーン アイゼンバーグ 竹内 正人
アスペクト
売り上げランキング: 1170
おすすめ度の平均: 5.0
4 細かくて簡潔です。
5 この1冊だけしか買っていません!
5 おすすめです
5 妊娠バイブルです
5 全ての妊婦さんとパートナーに読んでほしい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 毎日の性交渉は妊娠確率を上げることが判明…不妊治療の最前線  [ 不妊治療で妊娠おめでとう! ]   2009年07月03日 12:44
そんなの当たり前と思いませんか。 数打ちゃ当たると言うことで、毎日励めば妊娠確率...
2. 不妊治療の最前線 毎日の性交渉は妊娠確率を上げることが判明  [ 不妊に負けない ]   2009年07月09日 09:31
毎日性交渉すると、妊娠の確率を上げることが出来るそうです。 つまり、数打ちゃ当たるってこと? いやいや、そうではないみたいです。 なんでも、毎日射出することで精子がより鮮明となり、 DNAの損傷なども減り、運動性も上がるみたいなんです。 睾丸に長い間留まって....
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。