2009年07月23日 14:44

那須のリゾートホテル「エピナール那須」にモニター宿泊してきました

 


先日ライブドアのブロガー向けキャンペーンで募集していたリゾートホテル「エピーナール那須」のモニター宿泊に応募したところ、運良く当選しました。

そこでせっかくなので、モニターの1泊に自腹でもう1泊つけて、2泊3日で旅行に行ってきました。

正直あまり期待せずに行ったのですが、想像以上によかったので、旅行好きの方は参考にしてもらえたら幸いです。

 


そんな訳で那須にやってきました。東北自動車道の那須インターを下りると、一面緑の景色。とてもきれいです。

那須町には景観条例でカラフルな看板などは規制されていて、殆どの看板は茶色と白で景観にとけ込むように配慮されているそうです。

おなじみのあの看板も…


なんだかちょっと違う世界に来たような感じです。


ほどなくしてホテルに到着。敷地はとても広く手入れが行き届いていてとてもきれい。


まさにリゾートホテルな開放感溢れる広々としたロビー。
ちなみにこの日は日曜日でしたが、既に満室だったそうです。


チェックインして部屋に入ると、おお…広い。ゆったりとした部屋の作りで圧迫感がありません。禁煙ルームが用意されているのも嬉しい。


和室もついています。夫婦に子供一人で来たのですが、寝相の悪い子供は和室で寝かせることができて助かります。


窓に広がる緑の景色。ちなみに今回は久しぶりの旅行なので、ちょっと贅沢をしてスイートに泊まりました。まあ、お高いんでしょう?と思いますが、一般の部屋とそう変わらない価格設定で、意外とお手頃です。

トイレはウォシュレット付き、それと部屋には無料インターネット接続もありました。観光向けのホテルでインターネット接続完備っていうのはなかなか無いので助かります。


ホテル屋上の展望台から景色をパノラマで撮影。那須岳を望む眺望が最高です。雲間の光がなんだか神々しい…。秋には紅葉で一面紅く染まるそうで、それを聞いて9月に行けばよかったと思ったのは内緒です。


もの凄い景色…。この写真は今一番のお気に入りの壁紙です。


今回陶芸教室に参加させていただきました。ホテルに併設された工房で、先生に教わりながら、ろくろでお皿やお椀、湯飲みなど好きなものを作れるのですが…


ううっ、できの悪さを責めないで下さい!ホントはもっとこじゃれた器を作りたかったのですが、若き日に枯れてしまった才能がそれを許してくれませんでした。
人がやってるの見ると簡単そうですが、結構難しいんですよ…。


子供も刺激を受けたのか、土を伸ばし始めました。ご厚意で、手形とサインをつけて一緒に焼いてもらう事に。いい記念になりました。
焼いて仕上がるまで2ヶ月ほどかかるそう。後日届くのが楽しみです。


ところで工房の前にはやたら広い芝生があって、子供がずーっと楽しそうに走り回ってました。走り回りたい年頃の子供がいると、こういう場所はとても助かります。



ホテルの敷地内には他にも、散歩道、アスレチックなど自然を満喫できる場所がいっぱい。チャペルもあって、結婚式も挙げられるそうです。

散々遊んでたらいい時間になったので、夕食に向かいます。この日の夕食はバイキングコース。

         
これがまた種類がものすごく豊富。和食、洋食、中華と一通り揃っていて、旬の地元の素材を使って作られているのだとか。ステーキはその場で焼いてるし、天ぷらはその場で揚げてるし、お寿司はその場で握っているしで、味も文句なし。子供もバクバクと食べていました…。

幼児向けの食事のコーナーもあって、小さい子供がいても安心です。またアレルギー体質の方への配慮もあり、料理のプレートには特定原料の記載もされていました。予約時にアレルギーがある事を伝えると、食事など色々配慮してもらうこともできるのだそうです。


食後は大浴場へ。さすがに写真は撮れないので、画像はホテルのwebサイトから拝借しました。ゆったりとした露天風呂にのんびりつかっていると、日々の疲れが癒されるようです。
ちなみに家族風呂はありませんでした。そこだけちょっと残念です。

温泉を堪能したあと、ネイチャーツアーのホタル観賞に向かいました。
これは実際にホタルが自生している場所まで行って見るのですが、なかなか幻想的でいいものでした。(暗くて撮影は無理でした)
参加費は一人500円とお手頃。かなり人気があるツアーのようで、バス3台が満車になっていました。
このホテルにはこうしたオプションツアーが季節ごとに色々あり、電車で来ても周辺の観光を満喫できるのがうれしいところ。

さすがに遊び疲れたのか、子供はぐっすりと眠ってしまいました。
しかし凄い寝相…。和室があるって実は結構便利です。

さて、翌朝の朝食ですが、これがまた朝から凄い…。




バイキング形式で、パンもご飯もバリエーションが豊富すぎます。全種類食べようとか思ってちょっとずつ取ったものの、とても食べ切れそうにありません。翌日もちょっと内容が変わってたので、連泊しても飽きにくく考えられているのかも。味も文句なしです。

さて、2日目はホテルツアーでアルパカ牧場と那須フラワーワールドへ。入場料など全て含めて一人1500円と、やはりとてもお手頃です。

アルパカ牧場は某CMのアルパカがいる牧場だそうで、CMで人気が出てから急に入場者が増えてきたのだとか。ここはかなり楽しかったのですが、ちょっと長くなるので別の記事で。



お昼にはフレンチと気取ってみましたが、本格的で味も本当に美味しい。写真は出てきた料理の一部で、他にも色々ありました。

しっかりお子様ランチ(?)も。
少し食べてみましたが、子供向けだからって微塵の手抜きもありません。肉も全然筋のない軟らかくていいお肉…。
子供なのになんて贅沢なものを…とか思ってしまいました。

午後はゆっくりしたかったので、ホテルの敷地内の芝生で子供と遊び、散歩道を歩き回り、部屋でお昼寝。

この日はのんびりと過ごして、夜は和食をいただきました。




いやいや…ホントもう、文句の付け所がありません…。何かしらケチつけなきゃとか思ったりしましたが、ホント突っ込みどころがないです。

あ、一つだけありました。
子供用の食事が、和食なのにステーキでした。焼き魚とかお刺身だったらなお良かったですね。

翌朝は朝食をいただいて、お昼頃チェックアウトしました。
正面玄関で見送ってくれたのは、コンゴ共和国出身のムアンダ・ンソナさん。宿泊客の方々に大人気です。

とても丁寧な日本語でフレンドリー。この後、家族と一緒に写真を撮ってもらいました。

ちなみに今のコンゴの情勢はあまりよくなくて、もっと日本の人にコンゴのことを知ってもらいたいんだそうです。今度調べて、記事を書いてみようと思います。

冒頭の写真にも出ていますが、ホテルを案内して下さった島元さんと今井さん。今回はホントにお世話になりました。

2泊3日なので、ちょっと退屈するかと思ったのですが、ホテルのオプショナルツアーが意外とお手頃で楽しく、また敷地内にもプールやアスレチックなどの施設が充実していて、全然退屈しませんでした。

近隣には那須サファリパーク、りんどう湖ファミリー牧場など、遊べるところもいろいろあり、あちこち出かけたい人にもおすすめです。

また、新宿駅から直通のシャトルバスや近隣の観光地を巡る巡回バスもあるので、車がない方でも利用しやすいようです。

宿泊料金は時期やキャンペーンによって変わるので、ホテルのwebサイトや楽天トラベルで確認して下さい。

ホテルエピナール那須
〒325-0302 栃木県那須郡那須町大字高久丙1番地
TEL.0287-78-6000
→楽天トラベルで詳細を見る


大きな地図で見る

 

るるぶ日光 那須 鬼怒川 塩原’10 (るるぶ情報版 関東 2)

ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 22741
おすすめ度の平均: 5.0
5 おすすめスポットがいっぱい☆

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。