2009年07月23日 22:27

ぶつかりそうな至近距離…3機の飛行機が次々にすれ違うコックピットの光景(動画)

 
3機の飛行機と次々にすれ違うコックピットの光景

インドの航空会社、エア・インディアの旅客機が、上空で次々に3機の他の飛行機とすれ違います。

コックピット視点では、ぶつかるんじゃないかと思うほど距離が近く、かなりの迫力があります。

迫りくるひこうき雲の映像をご覧ください。

空が混雑している時代とはいえ、ニアミスじゃないかというほど至近距離を次々に飛んでいると驚いてしまいますね。

高度間隔については,飛行方向ごとに使用する巡航高度が定められており,IFR機相互間について,高度29,000ft(8,800m)以上においては 2,000ft(600m),高度29,000ft未満においては1,000ft(300m)以上の間隔を持った巡航高度が承認される。VFR機が巡航する場合は,IFR機の巡航高度に対して,高度29,000ft以上では1,000ft,高度29,000ft未満では500ft(150m)の間隔を持つ高度を飛行しなければならない。
航空実用事典

と言うことなので、数百メートル以内の高度を他の飛行機が飛んでいてもなんら問題はないそうです。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。