2009年08月06日 08:34

昨年子供を亡くして悲しみにくれていたゴリラの母親に、待望の赤ちゃんが生まれる

 
母親ゴリラ01

以前、生後3か月の赤ちゃんゴリラを亡くした母親ゴリラが、突然の死を受け入れることができず悲しみにくれている「わが子の死に嘆き悲しむ母親ゴリラ 」という記事をご紹介しました。

母親ゴリラの行為に動物園を訪れる人々の涙を誘いましたが、ようやく彼女にも赤ちゃんが出来たそうです。

去年8月、ドイツの動物園にいる母親ゴリラ「ガーナ」が、自分の子供を失ってしまったことを理解できずに、何度も子供をゆさぶったりする画像が話題になりました。

そんな12歳のガーナに、先月ようやく新しい赤ちゃんが生まれたのです。

まだ性別は判明していないそうですが、すでに背中に乗せて歩きまわったりしているようです。

ゴリラは人間と行動が一致する部分も多く、喜びや悲しみを共感できる部分が大きいみたいです。

亡くなってしまった子供はガーナの2番目の子供で、最初の子供はなぜか世話を全くせず育児放棄してしまい、他の動物園で世話をすることになったそうです。

今回の3匹目の子供が悲しい話のハッピーエンドになればと、動物園では喜びムードでいっぱいだそうです。

まだ一か月ほどの赤ちゃんと言うことで目が離せませんが、元気よく、すくすくと育って欲しいと皆が願っていることでしょう。

Nothing To Do With Arbroath: Newborn joy for Gana the gorilla after baby tragedy - Update

天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!
横峯 吉文
ゴルフダイジェスト社
売り上げランキング: 82
おすすめ度の平均: 4.5
5 横峰先生はすごい!
4 信念があり、具体的にやることも明確。とても参考になります
3 疑問や違和感はこってり残るが、それでも気になるヨコミネ式
4 子育ての励みになりました。
5 初めて眼にしたヨコミネ式 -反復と習慣-

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 《あのゴリラを覚えてますか?》  [ 永遠の破片 ]   2009年08月07日 18:16
ドイツのミュンスター動物園でゴリラの母親「ガーナ」が女児を出産。 まだほんとうに小さい子です これだけなら普通の動物園のベビー誕生のニュースなのですが この母ゴリラに見覚えはありませんか? といっても無理かもしれませんが、 1年前に生後2カ月の....
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。