2009年08月28日 17:26

雷魚にまさかの落雷が直撃、名前の通りカミナリを呼んだ?

 

雷魚01
ライギョ(雷魚)は、スズキ目・タイワンドジョウ科に属する東アジアの魚で、もともと日本にはいなかった人為的に導入された外来種です。

雷魚という名前の由来は、
『悪天候時に行動することから「雷を呼ぶ」と見られたからとも、獰猛な捕食行動が「雷が鳴るまでくわえた獲物を離さない」』
など諸説ありますが、いずれも雷に縁のあるものです。

中国で養殖池で、なんとこの雷魚にカミナリが落ちてしまいました。

雷魚00
これは大漁を喜ぶ漁師さんの写真ではありません。落雷で死んでしまった養殖の雷魚を回収しているところです。

1〜2キロの小さな個体から4〜5キロの成魚まで、犠牲になった魚はおよそ1万匹、被害額は10万元以上(1元=約15円)だそうです。

雷魚02
落雷があったのは8月15日の午後3時ごろ、浙江省温嶺市郊外の養殖池でした。この養殖池の管理を請け負う顔連方さんによると、雷が池に落ちた直後に大量の魚が水面に浮き上がり、しばらくするとまた沈んでしまったそうです。

雨が上がって、顔さんが様子を確かめに池に駆けつけてみると、魚が一匹また一匹と浮かんできて、ついには水面を埋め尽くしてしまいました。

雷魚03
雷魚は中国では食用として好まれているそうですが、その名の通り雷を呼んでしまったのでしょうか…。

雷魚という名前に少し期待してしまいましたが、やはり落雷の凄まじい衝撃には耐えられなかったようです。

bbs.news.163.com

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。