2009年08月29日 18:00

国立美術館の「月の石」、実はただの木の化石だったことが判明…オランダ

 

偽物だった月の石
「月の石」 アポロ11号が持ち帰ったとされていた、オランダ・アムステルダム国立美術館の所蔵する「月の石」が、実は木の化石だったことが分かったそうです。

元オランダ首相のドレース氏が、アポロ11号が人類初の月面着陸から帰還した年に、乗組員から贈られた「月の石」として、美術館が所蔵していました。

1948〜58年にオランダ首相を務めたウィレム・ドレース氏が、1969年にアポロ11号乗組員から受け取ったとされていた「月の石」を、1988年にドレース氏が死去した際に国立美術館が所蔵することになりました。

ですが、1969年7月に帰還したアポロ11号の月の石を、同年10月の段階でNASAが手放すのは考えにくいとの指摘を、2006年に専門家から指摘され、大学に調査を依頼したそうです。

その結果、「月の石ではなく木の化石であり、化石としてもあまり質の良いものではない」と判定されました。

これにより5万ユーロ(約668万円)の保険を掛けていたこの「石」は、たった50ユーロ(約6700円)の価値となってしまいました。

しかしながら、国立美術館は今後「ドレース氏の月の石」として所蔵していく意向とのことです。

月の石で無かったのは残念ですが、これはこれで面白歴史エピソードを持つ遺物となったのではないでしょうか。

Nothing To Do With Arbroath: 'Moon rock' in Dutch museum is just petrified wood

人類の月面着陸はあったんだ論―と学会レポート
山本 弘 江藤 巌 皆神 龍太郎 植木 不等式 志水 一夫
楽工社
売り上げランキング: 64089
おすすめ度の平均: 4.0
2 月面着陸を真実とするなら
4 良書
5 人類の月面着陸はなかった説に反論の好著
4 マスコミに踊らされる単純思考への警鐘
5 思考停止への警告

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 一日のまとめ 2009年8月29日分  [ kskニュースβ ]   2009年08月30日 02:28
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。