2009年09月09日 01:08

ここだけの話…アダムとイブがどのように作られたか(女性編)

 

エデンの園のお話(女側のバージョン)

(男性編)はコチラ

イブは神様と話をしました。

「神様、私には悩みがあるのです。」

「イブ、それはどういう悩みなのですか」神様は尋ねました。

「神様が私をお創りになったことも、このすばらしい動物たちのいる美しい園を私にお与えになったことも、あの浮かれたコメディチックな蛇でさえも感謝しているのですけれど、私は幸せじゃないのです」

「イブ、それはどうしてなのですか」

「神様、私は孤独なのです。もうリンゴにも死ぬほど飽き飽きしているのです」

「ふ〜む、それなら私にいい解決策があります。あなたに『男』と言うものを創ってあげましょう。」

「『男』?いったいそれは何なのですか?」

「悪い特徴をたくさんあわせ持ったちょっと欠点のある創造物なのです。『男』と言うのはウソをつき、騙し、うぬぼれが強く、そしてあなたに苦労をかけるのです。しかしながらあなたより大きく、速く、あなたのために狩りや殺しをしてくれます。かつ、あなたの身体のニーズに合わせて、あなたを身体的に満足させるようにも創ります。浅はかで、ケンカやボールをたたくような子供じみたことで大騒ぎもします。あなたより賢くないので、まともな考えを持つにはあなたのアドバイスが必要となります」

「悪くないわね」とイブは言いました。しかしながら、ふと気づいたように尋ねました。

「神様、何か問題となる点はありませんか?」

「そうですね…条件がひとつあるのです」

「その条件と言うのは…?」

「私が言ったように、『男』は自尊心が強く、ごう慢で、自画自賛したがるので…。あなたは、彼にまるで彼を最初に創ったように思わせなくてはいけません。そしてそれはあなたと私、女性同士の小さな秘密となるのです」


現在も女性は男性に思い込ませてナンボの世界であるのは、このときからスタートしたのです。

(女性からすると神様が女なのも当然なのです)

(男性編)はコチラ

Laugh IT Out: Garden of Eden (Her Version)

モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋
春乃 れぃ
モバイルメディアリサーチ
売り上げランキング: 4793
おすすめ度の平均: 4.0
4 建前抜き、関西弁本音トークの一本勝負。
5 面白い!
1 なんのためにもてたいの?
4 名言
5 元気になれる

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。