2009年09月19日 13:01

大統領がすばらしい写真を撮ろうとしているときにしてはいけないこと

 

ホワイトハウス
大統領はメディアに常に露出しているので、いつどこにいてもカメラに慣れています。

慣れているついでに、よりすばらしい写真を撮られようとする努力も怠りません。

しかし大統領の周囲にいる人々はそこまでは集中していられないのか、時折気を許してしまいます。

そんなちょっとの油断のために、世界中にさらされてしまった写真をご紹介します。

※画像をクリックして拡大
オバマ大統領とライトセイバー01
別に「まちがいをさがせ」という画像でもないのですが、
「大統領がすばらしい写真を撮ろうとしているときにしてはいけないこと」というタイトルで人気の画像となっていました。

いけないことって何だろう?という人は以下の画像をご覧ください。
オバマ大統領とライトセイバー02

さらに拡大して見てみたいと言う、物好きな方はコチラの画像をどうぞ。

海外サイトのコメントもちらほらとあったので、一部抜粋してご紹介します。

・後ろにいる彼は、かなりまじめに鼻に指を突っこんでいる。

・フォースを使ったんだな。

・レッド5だ。行くぞ。

・オバマすてき。

・適正な写真に編集されるのを待つ。

・かゆいだけかもしれないだろう。

・ジェダイならフォースを使って鼻をほじれよ。

・ジョージ・ブッシュなら赤のライトセーバーを使っていたろうな。

・オバマって……オタク?

・世界で最もパワフルなオタクだろ!

・新しい壁紙にしよう。

・記事になるときは左の女性とミシェルが何をしているかにフォーカスされるんだろうな。

・誰かこれをスターウォーズの画像に加工してくれよ。

中心人物でなくとも、とりまきであっても気を許してはいけないという教訓なのかもしれません。

しかしながら、さすがにオバマ大統領は人気があります。

こういうポーズを素で取っている当たり、お茶目ですよね。

What NOT to do while the President is taking an awesome pic.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。