2009年09月26日 23:08

孫悟空の気分を味わえそうな巨大な砂漠の手…南米アタカマ砂漠

 

巨大な砂漠の手00
南米チリのアンデス山脈と太平洋の間にあるアタカマ砂漠。

世界で最も乾燥した砂漠で、40年間まったく雨が降らなかった地域もあります。

その不毛の地を訪れると、突如として11メートルもの巨大な手が出現するそうです。

巨大な砂漠の手01
不毛の荒野にぽつんと埋まった手。

巨大な砂漠の手02
高さ11メートルを誇るこの巨大な手ですが、チリの彫刻家Mario Irarrazabal氏によって1992年に造られたそうです。

巨大な砂漠の手04
材質は鉄やセメントが中心。

巨大な砂漠の手03
記念撮影する人々。お釈迦様の手の平の上で踊らされる孫悟空の気分を味わえそうです。

もし人間全体を作ったら、100メートルは優に超えそうです。

いったい何でこんなものを?とも思いますが、そう考える時点で芸術家の思惑に乗せられているのかもしれません。

パンアメリカンハイウェイ上にあるため観光客の落書きが絶えず、ときどきクリーニングされるとのことです。

The Giant Hand of Atacama | Quality Junkyard

世界の車窓から あこがれの鉄道旅行 Vol.1 遺産と古都をめぐる

テレビ朝日
売り上げランキング: 155297
おすすめ度の平均: 5.0
5 世界中を旅行。
5 鉄道旅行の各地の雰囲気を満喫できます。
5 誰もが嬉しい本
4 なんとなく見ちゃうんだなあ
5 いざ、出発☆

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。