2009年10月04日 23:19

愛犬のマルチーズに襲われ続け…シラク元大統領、とうとう手放す

 

シラク元大統領、愛犬マルチーズを手放す
フランスのシラク元大統領の飼い犬と言えば、

フランスのシラク元大統領、マルチーズに襲われ病院へ…

でもご紹介したとおり、大統領を病院送りにした経歴もある暴力犬のようです。

その後どうなったのかな、おとなしくなったのかなと思いきや、3度目の攻撃をしかけたらしく、とうとうシラク元大統領も手放すことにしたそうです。

スモウと名づけられたこのマルチーズ、今回の攻撃で3度目になるそうで、さすがにもう我慢の限界となった様子です。

もともと大統領官邸である、エリゼ宮殿から離れたことが原因で、スモウはうつ病に陥ってしまい抗鬱剤を処方されていました。

シラク元大統領は2007年5月に引退してから、その変化が厳しいものであったことを伝えていましたが、実のところ一番つらかったのは飼い犬だったようです。

広々としたエリゼ宮殿の庭を走り回っていた生活から一変して、小さなマンション暮らしになったことはスモウにはとって堪えがく、もともとのびのびとした愛らしい犬が、攻撃的な犬に変わってしまいました。

最近では、シラク元大統領夫人の足元でおとなしく寝ていたかと思うと、いきなり元大統領に飛び掛りお腹に噛み付いたそうです。

そこらじゅうに血が付くほどで、とても怖かったと夫人は伝えています。

元大統領夫人には攻撃したことはないものの、今回の攻撃でとうとう手放す決意をしたようで、現在はセーヌ=エ=マルヌ県にある農場に預けられています。

引っ越したことが原因であるならば、広々とした田舎で買われた方が犬にとっても幸せかもしれませんね。

BBC NEWS | Europe | Chirac gives away 'violent' dog

子犬の育て方完璧宣言―16週で決まる16のしつけと健康管理カレンダー
戸田 美由紀 鏑木 英明 土居 誠 渡辺 格
誠文堂新光社
売り上げランキング: 35528
おすすめ度の平均: 5.0
5 わかりやすい♪♪ 超おススメ♪♪
5 はじめての子犬育てで、心の支えになった1冊
5 多々あるしつけを、いかに効率よく教える事ができるか。
5 実質的に使いやすい
5 読みやすく、使いやすい!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 中川氏謎の死!?  [ 毎日旭読み捨て新聞 ]   2009年10月05日 02:12
寝耳に水の中川氏の死 まだ、56歳である 死因は、多分睡眠薬の飲みすぎだとか、酒の飲みすぎだとか 出るかもしれないが、酒の飲みすぎについては自分が言うが 毎日飲んでるアル中は、酩酊状態にはなれない そう、限度を超さないと悪酔いが出来ない あの....
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。