2009年10月15日 12:34

増えすぎた野良ウサギを捕まえて、なんと生物燃料に…スウェーデン

 

ウサギが燃料に
エネルギー危機によって省エネが推奨される時代ですが、石油や原子力に代わるエネルギーは確保が困難なものです。

スウェーデンでは、なんと野良ウサギを生物燃料として、家の暖房などに利用しているそうです。

何千羽と言うウサギが、実はスウェーデンの家の暖房に一役買っていると言うのですが、増えすぎて捨てられたペットや、元々野良だったものがプロのハンターによって狩られています。

今年はすでに3000羽が捕獲されており、増えすぎたウサギが公園内を食い荒らしたり問題になっていたようです。

捕獲されたウサギは冷凍され、プラント(Heating Plant)にまとまった数が引き取られています。

燃料にされるのはウサギだけでもないようで、ネコ、鹿、馬、牛などが狩られることもあるようです。

野生動物の愛護団体は、殺す方法以外にも数を減らす方法があると批判していますが、実際はそんな簡単にはいかないと言います。

記事によると、燃料を確保するためと言うよりは、増えすぎたウサギを減らすためと言うのが本当の理由だとのことです。

合理性だけで言えば一瞬一石二鳥にも思えますが、倫理的にはどうなんでしょうか…。賛否両論割れそうな話です。

Shot, Frozen and Burnt: Sweden Turning Stray Rabbits Into Biofuel - SPIEGEL ONLINE - News - International

ジャンプスーツ ウサギ 大人用
アイコ
売り上げランキング: 7756

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ものは言い様  [ Kimunari! Veterinarian - Blog ]   2009年10月18日 02:30
ああ、なんと可愛そう――と思いがちですが、記事にもあるように合理的な手段ではあります。
3. 本日のオススメ (09/10/26)  [ 一笑一若 ]   2009年10月26日 22:55
■写真にしか見えない…鉛筆で描かれた超リアルなアート(らばQ) ■戦車の主砲などに用いられる超巨大サイレンサー(GIGAZINE) ■アムロ・レイ『ここが・・・VIP・・・』(ハムスター速報) ■画像で吹いたら寝ようぜ(VIPPERな俺) ■増えすぎた野良ウサギを捕まえて....
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。