2009年10月22日 21:04

古谷徹氏の毒舌トークに高橋敏也氏もタジタジ!ドスパラのWindows7発売イベントを楽しん…おっと、取材して来ました

 


10月22日にいよいよ発売された最新OS、Windows7。Vistaよりも軽くなったと前評判も高く、Vistaに乗り換えるのをためらっていた方にもVistaを使っている方にも気になるOSです。

そして発売イベントの力の入れ方がハンパじゃないドスパラが、またも豪華な深夜発売イベントをやってくれました。アムロやヤムチャ、タキシード仮面などでおなじみの声優、古谷徹氏と、個性的な改造PCを作り続ける高橋敏也氏の予想外の激しい毒舌トークに会場も大笑い。

発売前日21時より行われた、カウントダウンイベントの模様をみっちり取材してきましたのでご覧下さい。

 


イベント開始直前の20時の様子。秋葉原のドスパラ本店では、イベント開始に向けてあわただしく準備をしていました。


店頭に掲示されていたイベント告知ポスター。相変わらず力の入れ方が尋常ではありません。


イベント直前の店頭は、イベントを待つお客さんでごった返していました。すごい人の数です…。


イベント会場に入場しました。開始時間が少し遅れましたが…


プリマベーラの3人の登場で、無事イベントが始まりました。


まずは、インテルの神様、リセラーチャネルオーガニゼーションシニアフィールドアプリケーションエンジニア(長い!)天野伸彦氏と、改造バカこと高橋敏也氏が登場。


最新のIntelのCPUテクノロジーについて詳しい説明。まずはハイパースレッディング(HT)という技術についてのおさらいから。


そして最新SSDの話題に。Windows7発売までに出るはずだったのですが、間に合わなかったのだそう。今月中に出る…と言っていましたが果たして…?


内容はちょっと技術的になりますが、データ書き換えにかかる時間を短縮する技術について紹介。要約すると、IntelのSSDはWindows7+AHCIドライバーの組み合わせでもっとも高い性能を発揮するそうです。


天野氏はこの日のために、54ページにも及ぶプレゼン資料を作ってきたのだとか。
プレゼン後、まだ時間に余裕があったので何をプレゼンしようか相談。

高橋氏「あ、そうだ、チップセットの方は、Windows7になると何か楽しいことがあるかなとか…」
天野氏「いや、別に…

みもふたもない回答に会場大笑い。


そして話題はWindows7に。

天野氏「やっぱり…Windows7って、Vista3.1でしょと」
高橋氏(苦笑しながら)「これは…どう私にフォローしろと…」
天野氏「この単語言うとねー、あの会社の人、結構嫌がるんですよね」

過去のWindows3.1に絡めたキツいジョークが飛び出し沸く会場。

が、最後には天野氏から、「Vistaへ乗り換えずにxpで頑張ってる人も、Windows7はホントオススメです。辛口の私でもイイって言ってるので、信じて下さい!」と一押し。


続いて日本AMD株式会社、マーケティングアンドビジネス開発本部PCプラットフォームプロダクトマーケティング部部長、土井憲太郎氏が登場。Windows7では、グラフィックチップの動画再生支援機能がOSでサポートされているので、メディアプレイヤーでの再生など、あらゆる場面で本来の性能が引き出せるとアピール。


そして話題は自宅のPC環境の話題に。1台はES(エンジニアリングサンプル)品のCPUです…と、近日新製品が出ることを臭わせます。


そして職場のPC環境を紹介。4台あるPCのうち3台はWindows7で、デスクの上に限ってはWindows7の普及率が75%に達しているとアピール。個人的にはVistaがないのに笑ってしまいました。


続いてnVidiaチャネルセールスマネージャー、福田登氏の登場。


Windows7はグラフィックチップとの親和性が非常に高く、動画再生支援機能が有効になる場面も増えるのだとか。nVidiaのGPUは動画のエンコード、トランスコードでも活用することができ、CPUだけの処理よりも高速に行えるとアピール。


そして、nVidiaのPhysX(フィジックス)テクノロジーの紹介。グラフィックチップのパワーを物理演算に使うことで、たくさんの物体が自然に動くリアルなゲームが作れるというプレゼン。写真だとわかりやすいですが、PhysX対応のゲーム「BATMAN」のプレゼンでは、物理演算を加えたゲームのリアリティをまざまざと見せつけられ、ついつい画面に釘付けになってしまいました。


Windows7ではSLIの動作効率も向上していて、xpに比べてより高速にゲームが動作するそう。グラフを見るとものによっては2倍以上…って、よく見ると下が80%から始まる視覚的マジックでした。最大30%の向上ですが、それでもxpより軽くなるのは嬉しいですね。


続いてオンラインゲーム、「The Tower of AION」のNCジャパン日本プロデューサー西本氏が登場。


ゲームのグラフィックス、斬新なスキルなどをデモ。羽根を出して飛ぶこともできるのだそうです。面白そう!

キャラクターメイクがかなり細かくできて、殆どの顔を作ることができるんだとか。本物かどうかはわからないけど、オバマ大統領の顔をしたプレイヤーもいたりするそうです。

いよいよ古谷徹氏登場!


そしていよいよお待ちかね、古谷徹氏と高橋敏也氏のスペシャルトークショーに。と、出てきたのは高橋氏だけ。あれ?と思っていると…

「今回は、本日0時に解禁となるWindows7、そのパワーと操作性能、たたずまいを、ドスパラのガレリアXGを用いてテスト。今や事前予約のプレミアムセットも完売するWindows7。その実力をとくとご覧頂こう…。」

物々しい雰囲気の古谷氏のナレーションに会場が沸きます。

「さて、今回のテストに使用するのは、ドスパラのフラッグシップモデルであるガレリアXG。そのフォルムは重厚にして荘厳。CPUにはcorei7860、メモリ4GB、HDD1TB、グラフィックはnVidiaのGeForce GTX295を搭載。ゲーマーも唸るそのスペックは、一世代前のマシンでも快適に動作すると言われているWindows7には贅沢すぎる逸品である。だが、その余裕のあるスペックだからこそ、次世代OSの実力をあますところなく実感できると言える…。」

古谷氏テイストに一気に盛り上がる会場。


そして古谷氏が登場!
実はPCにかなり詳しい古谷氏、パソコン歴はもう25年なのだとか。昔、肋骨を折って静養している時、広告で見たMSXを購入してパソコンにはまったんだそうです。


高橋氏は以前、徳島のとあるソフトウェア会社で仕事をしていた時期があり、ユーザー登録ハガキを整理していたら古谷徹氏の名前を見つけたのだそうです。

古谷氏「ああ、あの一太(略)」

だだだめーっ、言っちゃダメーっ!楽しすぎます。


話題は古谷氏のPC環境に。

古谷氏「いやいや、うち5台あるんですけど…メインマシンがデスクトップで2004年のVAIOなんだけど、Pentium4の3.4GHzなのね。xpのProfessionalを入れてるんだけど、最近は電源ボタンを押しても起動しないことが多くなっちゃって…やばいんですよ…。」
高橋氏「そりゃもう買い換え時期って事ですよね…」
古谷氏「Vistaの発表の時に、Vistaを戴いたんですよ。でもほら…皆さんご存じの通り、Vistaって重いじゃないですか…
高橋氏「…!」
古谷氏「一度入れたんですけど、戻しちゃったんですよ。」

いきなりの毒舌に会場爆笑、高橋氏タジタジ。

古谷氏「あとあの、リビングに白くて丸いやつ…」
高橋氏「あーあー、あのソニーの…」
古谷氏「そうそうそう、重箱みたいな丸いやつ!あれもテレビにHDMIで繋がってて、Core2Duoの2.33GHzなんですよ。んでWindowsVista HomePremiumが入ってるの!…でも遅いんだよなーこれが!
高橋氏「いやいやいや…」

Vistaのひどい言われようにもう笑うしかありません。
ちなみに白くて丸いやつとは、SONYのVAIO TP1の事だと思われます。私も持っていますが確かに遅いです。


ここでドスパラのWindows7搭載のハイエンドPC、ガレリアXGのベンチマークを紹介。するとおもむろに古谷氏、「5倍以上のエネルギーゲインがある!」面白すぎです。

高橋氏「どのくらいの性能かというと、古谷さんの使っているCore2Duoと比べると3倍…とはいかないですが…」
古谷氏「3倍速いやつだ!あいつらか…!

うーん、コンビを組んだらいいのに…と思えるほど息がぴったり。


ここでWindows7を実際に触ってプレゼン。と、いきなりライセンス認証の表示に苦笑。


ウインドウを画面の右に持っていくと、自動的にウインドウが右半分ぴったりに調整される機能をデモ。続いてウインドウを一番上に持っていくと最大化される機能を見て…

古谷氏「今一番上に持っていったの?ああ、それで最大化されるの…。…え、(最大化ボタンを指さして)ここクリックすればいいじゃん。
(会場大爆笑)
古谷氏「半分になるのはそういうボタン無かったから便利だけど…最大化は別に…」
高橋氏「あの、今なぜ私が焦ってるかって言うとですね、事前に聞いていた(古谷氏の)性格と違うっていう…

古谷氏の切れ味の鋭いツッコミに虜になりそうです。


更にウインドウを透明にして、デスクトップのガジェットが見えるようになる機能、タスクバーにマウスを載せるとウインドウのプレビューが見える機能を説明。「おお、いいじゃんWindows7!」と古谷氏。


高橋氏「ここで古谷さんがガレリアいいね!って一言言えば、多分お値段が…」とレジに振ると…


…隠れる店員さん。高橋氏「あ、逃げたよ…」


Windows7のグラフィックカードの対応状況について説明。またWindows xpの互換性の高さについてアピール。

古谷氏「僕のホームページでも自分でプログラミングしたソフトとか公開してるんですけど、Vistaとかダメなんですよ全然…。もしかしたらxpモードなら動くかもしれないと…」

と、さりげなく上級者な一言を漏らしつつ、トークセッションは無事終了しました。


続いて大抽選会。SSDなどのプレゼントもありかなり豪華です。キーボードもなにげなく書いてありますが、1万円以上する知る人ぞ知る名キーボード、東プレRealForce。ほ、欲しい…。


続いて、プリマベーラによるマジックショー!まずはカードマジックから。お客さんの一人に1枚カードを引いてもらい…


引いたカードを絵に描いて当て…って、間違っています!ちなみに正解はハートの7。


が、絵に厚みを加えて引っ張り出す仕草をすると…正解のカードが!一体どうやっているのかさっぱりわかりません。

更に卵が消えるマジックもこなし、会場を沸かせていました。


と、Windows7解禁の0時まであと7分。くす玉が用意されました。


カウントダウンの時間まで古谷氏とフリートークに。


話題は古谷氏の本、「ヒーローの声」について。古谷氏曰く、彼の自伝なのだそうです。

ガンダムのアフレコでは、いつのまにか立ち位置が連邦とジオンに真っ二つに別れ、真ん中にナレーターが入るようになったエピソードを披露。そしてドラゴンボールでは声を担当していたヤムチャがサイバイマンに倒され、ベジータにブルマを取られて悔しかったというエピソードも。


そして昔アラレちゃん(の声優さん)と一緒に住んでいた話、今の奥様のストップ!!ひばりくん!(の声優さん)との話、声優・アニメ界のエピソードなどが色々と書いてあるのだそうです。


プリマベーラの一人がセーラームーンが大好きという話をすると、

古谷氏「麗しき乙女の純情を汚す輩は私が許さない
(セーラームーン タキシード仮面の声で)

と大サービス。今日の古谷氏はやたらノリノリです。


と、気づくともう発売開始まで20秒前!いよいよカウントダウンが始まります。今回はWindows7の発売なので、カウントダウンは7から!


…2…1…0 !日付が変わってくす玉が割れます!

古谷氏「父ちゃん、今俺は猛烈に感動している!!
(巨人の星 星飛雄馬の声で)


そして古谷氏はWindows7購入第一号に!

古谷氏「では、とっとと帰って組み込みたいと思います!ありがとうございましたー!」

と、無事イベントは終了しました!いやー、面白かったです。

プレゼンやトークを見る限り、Windows7はハードウェア性能を引き出す改善をかなりされているようで、まさに今がパソコンの買い替え時かな?と感じさせるイベントでした。

会場脇にはWindows7搭載PCも多数展示していました。

ちなみに99,980円のガレリアHGは新型Core i7-860を搭載。HT+ターボブーストで、たくさんのアプリを同時に使ったり、CPUの速度が要求されるゲームも快適にこなせるハイスペック仕様。OSは汎用性の高いWindows7 32bit版の他に、4GBを越えるメモリも扱える64bit版も選択可能。ほ、欲しい…。

詳細なスペックは以下の通りです。

スタンダードモデル Galleria HG
■インテル Core? i7 プロセッサー 860 (クアッドコア/定格2.80GHz/TB時最大3.46GHz/L3キャッシュ8MB/HT対応) 【カスタム可能】
■NVIDIA GeForceR GTS250 搭載ビデオカード (512MB / PCI Express2.0) 【カスタム可能】
■4GB メモリ (DDR3 SDRAM PC3-10600 / デュアルチャネル) 【カスタム可能】
■1TB ハードディスク (シリアルATA ?) 【カスタム可能】
■DVD スーパーマルチドライブ 【カスタム可能】
■インテル P55 Express チップセット ATX マザーボード
■Windows 7 Home Premium 32bit インストール済み 【カスタム可能】
※モニタは別売りです

PCの詳細はこちらからどうぞ。

スタンダードモデル Galleria HG
ハイエンドモデル Galleria XG
ドスパラトップページはこちらから

取材をさせて下さったドスパラ様、ありがとうございました!

ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生 (角川コミックス・エース)
古谷 徹
角川書店(角川グループパブリッシング)
おすすめ度の平均: 4.0
3 なるほどねぇ
5 赤裸々な自伝
5 星矢ファンの人に読んでほしい!
3 声優になりたいなら読んだ方がいいかも。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. Windows7 に 触れてみた  [ S.SASAKI [休日旅行人] ]   2009年10月22日 23:22
某電気量販店にて Windows7 に触れてみた 率直な感想 新モデルのOSとパ
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。