2009年10月24日 19:14

時速120kmでコヨーテとぶつかった…と思ったら車の中に入り込んでいた

 

コヨーテ00
コヨーテは北米に分布する、オオカミに近い動物です。

そのコヨーテが、アメリカの高速道路で時速120kmで走っていた車とぶつかってしまいました。

運転していたダニエルさんと妹さんは、「これは助かるわけない」と運転を続け、8時間ほどして目的に到着しました。

すると、なんとボンネットの下のあたりにコヨーテの姿を発見、しかも生きていたのです。

コヨーテ01
確かに隙間から動物の毛が…。

どっから入り込んだのでしょうか、下から?

コヨーテ02
野生動物のリハビリセンターを呼んでの救出作戦開始。

コヨーテ03
こんな狭いとこにいました。

コヨーテ04
痛々しいですが、骨折や内臓損傷などは無く、片足の肉球に擦り傷があるだけで済んだそうです。

コヨーテ05
時速120kmの車にぶつかって、ピンピンしているのは奇跡としか言いようがないですね。

いったいどんな風にぶつかったのか見てみたいものです。

Nothing To Do With Arbroath: Wily coyote survives wild ride

中山式快癒器 4球式(背中・腰用)強弱機能付
中山式 (2005-07-04)
売り上げランキング: 473

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。