2009年11月05日 22:52

酔って朝帰りした男性、自分の葬式が行われていて仰天

 

葬式
ブラジルの男性が酒に酔って朝帰りしたところ、自宅では葬儀が執り行われていました。

「あれ、だれの葬式をやってるの…?、え、俺の!?」

という、まるでコントのような状況になっていたそうです。

実は前日、自動車事故で別の男性が無くなったのですが、その日酔っぱらって帰ってこなかったレンガ職人のアデミール・ゴンカルベスさん59歳と勘違いされてしまったのです。

身元確認した家族も、遺体の損傷が激しかったため、帰ってこないゴンカルベスだと思ったそうです。

ブラジルの習慣では葬式は翌日に行うため、友達と朝まで酒を飲んでいるとを知らない家族は、粛々と葬式を進めました。

そして葬儀に当の本人がひょっこり参列するという、みんながビックリ珍事となってしまいました。

本当の被害者はその後、別の州の男性と身元が判別し、遺体は家族の元へと引き取られて行きました。

お酒を飲んで帰ったら家で葬式していたというだけでも驚きですが、それが自分の葬式だったら、そりゃあ仰天すると言うものですよね。

Nothing To Do With Arbroath: Brazilian man appears at own funeral

今日のご遺体 女納棺師という仕事 (祥伝社黄金文庫)
永井 結子
祥伝社
売り上げランキング: 53578
おすすめ度の平均: 5.0
5 死を扱う職業を明るく表現してある本
5 人生いろいろ、遺体もいろいろ。
5 「時間の大切さ」に気づかされる本
5 大変な仕事から得た 「教訓」 は説得力が違う!
5 全然知らない世界でした

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。