2009年11月09日 12:12

「ママ、パパ、ありがとう」6歳で亡くなった女の子の、家中から出てきた家族への愛の手紙

 

6歳で亡くなった女の子の家族に宛てた手紙00
子供を先に亡くしてしまう親の心情は察するに余るものがあり、特にそれが小さな子供だと、他人でも涙を誘います。

エレナ・デッセリッチちゃんは5歳のときにガンの宣告を受け、6歳でその短い生涯を終えました。

しかし彼女が亡くなったあとで、家族は彼女が残した小さな手紙を見つけました。

それは家族に向けて、エレナちゃんが愛情を込めて書いたメモだったのです。

それは1通だけではなく、あとからあとから何百通も、そして2年経った今も、家中から出てくるそうです。

エレナちゃんはたった5歳のときに脳ガンと診断されました。医者には余命135日と宣告され、そこから激しい病気との闘いが始まります。

心を痛めた両親は残された毎日が彼女にとって特別になるように、彼女とその妹のグレイシーちゃん4歳のために出来るだけのことをすることにしました。

6歳で亡くなった女の子の家族に宛てた手紙01
彼女を守りたい一心で、死ぬかもしれないことは一切伏せていたそうです。ガンに集中するのではなく、家族が一緒にいること、エレナちゃんがしたいことに集中したのです。

エレナちゃんは病気と闘っていた9ヶ月の間、家族の知らない間にメモを書いては家中に隠しておきました。何百通と言う彼女の愛情のこもったメモが戸棚や引き出し、かばんや衣服の中から彼女が亡くなったあとで出てきたのです。

最初のメモはエレナちゃんが亡くなって数日後に引き出しの中から見つかりました。さらにその後、いろいろな場所から無数の手紙が出てきたのです。

クリスマスの飾りが入っている袋からも出てきたそうです。

6歳で亡くなった女の子の家族に宛てた手紙02
本が大好きで、大きくなったら先生になりたいと言っていたエレナちゃんのことを、その年齢の子よりいろいろ理解していたと両親は述べています。

「死を悟っていたとは思いたくはないが、もしかしたら知っていたのではないか」と父親のキースさんは語っています。

1ヶ月の放射線治療のあと彼女の症状は急激に悪化し、話せなくなり、体も麻痺していきました。

そして255日後、その小さな体は息を引き取ったのです。

6歳で亡くなった女の子の家族に宛てた手紙03
「パパ、ママ、グレイシー大好き」など、数百通におよぶ絵が添えられた愛情いっぱいのメッセージは両親と妹、祖父母に向けられたもので、叔母が飼っているお気に入りの犬に向けたものまであったそうです。

両親は最後のメモを見つけたくないばかりに、1通を未開封のまま大事に残していると言います。

家族の心を大いに揺さぶるその手紙は、本にまとめて出版され、収益金はガンの治療の研究に関わる団体に寄付されるそうです。

闘病生活の間の両親の大変さは聞くに堪えず、彼らがエレナちゃんのメモを見つけたときの心情は察するに余るものがあります。

ご冥福をお祈りします。

映像はこちら。

Elena Desserich

悔いのない生き方に気づく24の物語
中山和義
フォレスト出版
売り上げランキング: 5265
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当に気がつきます。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ママでなくてよかったよ  [ ぐちやらなんやら ]   2009年11月09日 20:57
何気にちょくちょく本を買っている。 先日買ったのは「ママでなくてよかったよ」って文庫。 ガンを患い、8歳で逝ってしまった子の闘病を記??.
3. 泣けた??  [ メイメイのブログ ]   2009年11月11日 13:13
なんて言えばいいんだろう。この記事は泣けます。らばQ:「ママ、パパ、ありがとう」6歳で亡くなった女の子の、家中から出てきた家族への愛の手紙
4. 時折出会う悲しいお話  [ enjoy ]   2009年11月12日 10:47
インターネットで調べ物をすることが多いのですが、時折悲しいお話に出会います。今回
5. 病気。  [ お父さんの子育て日記 ]   2009年11月12日 12:31
ジュンくんが軽い肺炎になってしまいました。先週から風邪気味でちょっと長引くのでおかしいなーということで検査をしてもらった結果、軽い肺炎と診断されました。お母さんがインフルエンザ治療で大混雑している病院にジュンくんを連れて行き、治療をしてもらっている間、私...
6. 俺の目にも涙(結構しょっちゅうだが)  [ 雅王のヨレヨレ雑記帳 ]   2009年11月12日 17:51
もし、俺の子供たちが俺より先に死んだら俺はどうなっちまうだろう。なんてこと、時折考える。どうなっちまうって言ってもそうならないとわの..
7. 先立つ家族も残された家族も両方つらい  [ ギミックオンザウェブ ]   2009年11月13日 13:43
大切な家族を失うことは、とても辛いもの。 それは、残される家族も、先立つ家族にとっても、両方同じ思いだと思うんだ。 それが、自分の6歳の娘だったとしたら? それが、まだ6歳の自分だったとしたら? ガンで余命数カ月となった6歳の娘が家族には内緒で家中のあらゆる場所...
8. RE:「6歳で亡くなった女の子の、家中から出て...  [ 竜屯の拷問映画制作日記 神戸で自主制作映画 ]   2010年05月28日 02:15
世の中にはこういう話もあるようです。らばQ:「ママ、パパ、ありがとう」6歳で亡くなった女の子の、家中から出てきた家族への愛の手紙次回作が幽霊の話なんで、幽霊話を色々探漁って...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。