2009年11月14日 12:13

道のど真ん中に電柱が立っているため、次々に車が衝突する中国の高速道路

 

道の真ん中に電柱00
こちらは中国にある6車線の高速道路なのですが、電柱が道の真ん中に立っているため、走ってくる車が避け切れず衝突事故が多発しているそうです。

いったい何だって、こんなところに電柱が立っているのでしょうか。

道の真ん中に電柱01
本当に道のど真ん中に立っていて、目を疑うような光景です。

電柱には目立った警告標識もライトも無く、数メートル手前に地面に矢印が描かれているだけなので、時速80kmでやってきた車は次々に衝突してしまうそうです。

河南省鄭州市にあるこの道路はもともと現在より細い道で、高さ12メートルの電柱が道の横に立っていたそうです。それが6車線に拡張されたため、このように道の真ん中に残る結果となってしまったとのこと。

住民が撤去して地下ケーブルにしてほしいと苦情を出したものの、コストが掛ると言うことで市議会に却下されてしまったそうです。

せめてこの車線の前後だけでもバリケードで埋めてしまえばいいと思いますが、きっとお役所で融通が利かないのでしょう。

それにしても、道を走っててこんな電柱が突然現われたら、事故を起こすなってほうが無理と言うものです。

Daily Express | Odd News :: Driven up the pole!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。