2009年11月18日 12:05

亡くなった婚約者と1年後に晴れて結婚した女性…フランス

 

結婚指輪
愛する人と結婚できたなら、それは素敵なことです。

でも、もし結婚しようと思っていた相手が死んでしまったら、どうしますか?

フランスで6年付き合った婚約者が死んでしまい、1年後にその彼と結婚した女性がいました。

死んだ婚約者と結婚
マガリさん32歳とジョナサンさんの二人は2008年の11月に結婚式を予定していました。

ところが不幸にも結婚式当日の2日前に、バイク事故でジョナサンさんは亡くなってしまったのです。

マガリさんはフランスの法律を調べて、亡くなった人と結婚できるケースを調べ上げ、それに自分が当てはまっていることを証明し、1年後に亡くなったジョナサンさんと結婚をしたのです。

正式に結婚の許可を得るために、もともとの結婚式の日取りや準備が決まっていたこと、一緒に住んでいたこと、銀行口座が共同口座であることなどを証明し、着るはずだったウェディングドレスの写真も提出したそうです。

祭壇には一人で立ち、30人の家族や友人の見守る中、彼女はジョナサンさんと結婚をしたのです。

フランスには1年に10件くらい亡くなった人との結婚式が行われているそうです。

新婦の愛の深さを感じるだけに、余計に悲しみも伝わってきます。亡くなったジョナサンと幸せにと祝福できない、つらい結婚式だったでしょうね。

Nothing To Do With Arbroath: French woman marries boyfriend one year after he died

関連記事

結婚の条件 (朝日文庫 お 26-3)
小倉 千加子
朝日新聞社出版局
売り上げランキング: 17842
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本の女性の結婚観を明快に解説した本
5 文句なく面白い。しかし面白くない現実を思い知らされる
4 自分に言われていると自覚して読まないと。
5 文庫化されていたんですね!
5 U-30
 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。