2009年11月19日 17:00

ウクライナで強毒性のインフルエンザ発生か、現在すでに344人が死亡…近隣諸国はパニックに

 

マスクをするティモシェンコ首相
新型インフルエンザが流行していますが、幸いなことに初期に恐れられていた毒性は低かったためパニックには至っていません。

しかしながら、現在ウクライナで出血性肺炎をともなう「スーパー・インフルエンザ」が発生し、死者344人、感染者140万人と猛威をふるっています。

10月31日の時点では死者50名、感染者15万人との発表でした。恐るべきペースで増加していることから、強毒性に変異したパンデミックの第2波の可能性が考えられています。

このスーパー・インフルエンザは出血性の肺炎・肺水腫をともない、死者の肺は焼け焦げた炭のように黒く、その症状は20世紀初頭に数千万人が死亡したスペイン風邪に類似していると言います。

スペイン風邪は、第1波の段階では季節性インフルエンザと変わらない毒性でしたが、変異した第2波が極めて強い毒性を持っていました。

ウクライナのビクトル・ユシチェンコ大統領は、「ウイルスの専門家によると、新型、季節性、カルフォルニアの3種のインフルエンザが変異・結合した場合、攻撃性の強い合成インフルエンザになると予測される」との声明を出しています。

非常に速い感染速度と致死率から、肺ペストではないかとの声もあり、仮にそうであればワクチンは存在しないとのことです。

WHOは今月17日の段階では、「ウクライナで流行しているものは新型インフルエンザと同じ遺伝子で、突然変異では無い」と発表していますが、現在情報は錯そうしています。

新型インフルエンザのときには、メキシコの死亡率が誤解された経緯もあったことから、冷静に推移を見守るべきですが、予断は許さない状況のようです。

Ukraine flu death toll goes up ? British labs test to ID flu as H1N1, Spanish flu, or something else
Ukraine Black Lung Epidemic Kills 12 In A Single Day
More Ukranian flu deaths ? Ukraine Health Ministry advises of 344 total dead …

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 心配だが、冷静な対応が必要だろう  [ S.SASAKI [休日旅行人] ]   2009年11月19日 20:53
大丈夫だろうか・・・ ウクライナで強毒性のインフルエンザ発生か、現在すでに344
3. ウクライナでインフルが毒性を増す?  [ ゼロメートル地帯 ]   2009年11月19日 22:46
ウクライナのインフル流行は激しいらしい。 10月31日で死者50人という発表が現在は344人だそうだ。
4. パワーアップか情報の錯綜か  [ 将軍様の手記 ]   2009年11月19日 23:46
ウクライナで強毒性のインフルエンザ発生か、現在すでに344人が死亡…近隣諸国はパニックに ちょっと今後の展開が気になるニュース。予断を許しませんが、本当だったらヤバいですね。
5. 何故 国内ではウクライナのパニックが伝えられないのか。  [ このままではヤバイ ]   2009年11月20日 10:18
ウクライナでのパニックの状況が日本のマスコミでさっぱり伝えられていない現状が何か恐ろしさを感じます。私が思うにネットで伝えられている報道の信憑性だけじゃなく死亡者数の数え方や他の病気の影響なども考慮して考えなければなりませんので今すぐこれで大パニックを起...
6. 苦力となる日本人と2つの洋画  [ 連山改 ]   2009年11月24日 20:39
蔓延する無知と貧困 出典:Disney's クリスマス・キャ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。