2009年11月22日 16:26

真夜中と親切と酔っ払い…のお話

 

真夜中と酔っ払い

ある日、とある夫婦がぐっすり寝ていると、深夜3時に玄関のドアを叩く者がいました。

どんどんと叩く大きな音に二人は叩き起こされ、夫はいったい誰なのだろうと、しぶしぶ玄関のドアを開けてみました。

すると土砂降りの雨の中、見知らぬ酔っ払いが立っていました。

酔っ払いは「後ろからちょっと押してもらえないだろうか」と尋ねます。

夫は「朝の3時だぞ、冗談も休み休み言え」と、ドアをぴしゃりと閉めて、さっさとベッドに戻ってしまいました。

「いったい誰だったの?」と妻。

「いや、ただの酔っ払いだったよ、ちょっと力を貸して押して欲しいんだとさ…」

「あなた、それで手伝ってあげたの?」

「もちろん手伝う訳ないさ、深夜3時の上に、外は土砂降りなんだぞ?」

すると妻は、

「あなた、もう忘れたの?私たちが3ヶ月前にエンストしたときのことを覚えてる?あのとき二人の男性が助けてくれたでしょ?」

妻は続けます。

「あなたも助けてあげるべきだわ、何もしないなんて恥ずかしいことよ」

仕方がないので夫は着替え、妻に言われたとおり土砂降りの中、外に出ていきました。

暗がりの中、夫は叫びました。

「おーい、まだそこにいるかい?」

「ああ、いるよ」と返事。

夫は尋ねます。

「まだ助けはいるかい?後ろから押そうか?」

「お願いします」と暗闇から返事。

「いったいどこにいるんだ?」

「ここだよ」

ブランコに乗った酔っ払いが答えました。


…やはり酔っ払いはどこまで行っても酔っ払いではあるようです。

Laugh IT Out

ジョーク世界一―毎日笑って半年笑える
クリントン西森
アカデミー出版
売り上げランキング: 6561
おすすめ度の平均: 5.0
5 タイトルに偽りあり!
5 本当に笑った

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 真夜中と親切と酔っ払い…のお話【らばQ】  [ 他力本願 ]   2009年11月22日 16:52
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。