2009年12月15日 11:14

人として生まれて良かったのかな…と言うお話

 

神さま

神さまがロバを創ると、ロバに言いました。
「おまえはこれから日の出から日の入りまで重い荷物を背中に背負い、草を食べ、知能は持たず、そしてロバとして50年生きるのだ」
ロバは答えました。
「私はロバになりますが、でも50年は長すぎます。20年にしてもらえないでしょうか」

神さまはそれを聞き入れて、ロバに20年の寿命を与えました。

神さまが犬を創ると、犬に言いました。
「おまえはこれから人間の家の番をし、男の親友となり、与えられるものは何でも食べて、犬として25年生きるのだ」
犬は答えました。
「神さま、25年も生きるのはちょっと長すぎます。10年にしてもらえませんか」

神さまはそれを聞き入れて、犬に10年の寿命を与えました。

神さまはサルを創ると、サルに言いました。
「おまえは木の枝から枝へと跳びまわり、バカバカしいことをしながら、おどけものとなって、サルとして20年生きるのだ」
サルは答えました。
「神さま、20年も生きるのは長すぎます。10年にしてもらえませんか」

すると神さまをそれをお聞きになってサルに10年の寿命を与えました。

そして神さまは、最後に人間を創りました。
「地上では唯一理性的で、知能を利用して他の動物をコントロールし、世界を支配し、人間として20年生きるのだ」
すると男は答えました。
「神さま、20年と言うのは短すぎます。ロバがいらないと言った30年、犬がいらないと言った15年、サルが拒否した10年分を私に頂けませんか」

すると神さまはそれを聞き入れて、その通りにしました。

そして人は人として20年を過ごしたあと、結婚してロバのように重荷を背負って30年働き、子どもたちが出て行ってからは犬のように家を守りながら与えられた物を食べて15年生活し、定年退職してからはサルのように家から家へと子どもの家を転々として、孫のためにおどけながら10年生きていくことになったのです。

なるほど、人生が辛らつなのはこう言うことだったのですか…。

※ジョークなので動物の寿命は実際と違います。

Funymail: And finally GOD created MAN

人生ゲーム
人生ゲーム
posted with amazlet at 09.12.15
タカラトミー (2008-06-26)
売り上げランキング: 8

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 深いなぁ……  [ がらくた日記帳mk? ]   2009年12月15日 11:48
【人として生まれて良かったのかな…というお話】 いやね、ともかく読んでみ! 思わず頷いちゃう、ふか〜い話だから。 ネタ元はらばQ
2. 人として生まれて良かったのかな…というお話【らばQ】  [ 他力本願 ]   2009年12月15日 11:53
あんてなサイトにブックマークされました。
3. # Longevity = 20 30 15 10  [ 禿頭帽子屋の独語妄言 side A ]   2009年12月15日 13:55
へー、これは知らなかった。 リンク: らばQ:人として生まれて良かったのかな…と
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。