2010年01月22日 18:54

子猫が高架橋の上から降りられなくなった…60歳の登山家おばあちゃんが颯爽と現れ救出

 

子猫を60歳のおばあちゃんが救出00
動物と言うのは冒険家でもありますから、あちらこちらに登ったり入ったりしては、自分で帰れなくなるなんてケースもあります。

アメリカで子猫が自分で降りられないところに登ってしまったのですが、偶然通りかかった60歳の女性は、なんと登山家のチャンピオンだったのです。

ロープを使ってロッククライミングの要領で助け出したというニュースがありました。

子猫を60歳のおばあちゃんが救出02
場所はワシントン州東部のスポケーン。橋脚だけ取り残された古い高架橋の上に少しでっぱりがあり、そこに子猫が乗っかり降りられなくなっていました。

その鳴き声を聴きつけたのが、たまたまジョギングして通りかかったケイ・レクレアさん60歳。

子猫を60歳のおばあちゃんが救出01
子猫が幸運だったのはレクレアさんがチャンピオン・クライマーだったと言うことです。60歳の彼女は、高い地点まで登った最も高齢な女性と言う経歴の持ち主で、さらに去年の6月にはエベレスト登頂を、2番目に高齢の女性として成し遂げています。

そんな彼女ですから高いところに上ることには全く問題にもせず、さっさと子猫救出にとりかかったのです。

子猫を60歳のおばあちゃんが救出03
彼女はいったん家に登山具であるロープとハーネスを取りに帰ると、子猫のもとまで行って抱き上げ、動物保護の職員に手渡しました。

クライミングの経験が豊富にある彼女ですが、救助はやや難航したようで、足に巻きつけるロープがちょっと足りなかったとのことです。

子猫を60歳のおばあちゃんが救出04
そして無事救出が成功、めでたくハッピーエンディングとなりました。

助けられた子猫はスカイと言う名前を付けられ、数時間以内にもらい手も見つかったようです。

技能は身を助けると言いますが、60歳にして危険な場所で救助するおばあちゃん、とても格好良いですね。

Champion climber helps avert cat-astrophe

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)
柘植 久慶
集英社
売り上げランキング: 16931
おすすめ度の平均: 4.5
4 常識が通用しない世界
4 確かに現代におけるサバイバルですね。
5 備えあれば憂いなし
2 サバイバルの定義が変わった現代においては今一つ
5 重みのある文章に身が震える思いがした

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. GJではないか  [ S.SASAKI [休日旅行人] ]   2010年01月22日 21:31
ネコが救出されて一安心ということも一つだが 子猫が高架橋の上から降りられなくなっ
3. GJではないか  [ S.SASAKI [休日旅行人] ]   2010年01月22日 21:38
ネコが救出されて一安心ということも一つだが 子猫が高架橋の上から降りられなくなっ
4. 救出される猫たち  [ 千日ブログ 〜雑学とニュースのズレた感想〜 ]   2010年07月25日 19:05
 猫は木登りの名人ですが、高いところまで登ったのは良いが降られない……といったことが、しばしばあります。  今日はそんなほのぼのす??.
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。