2010年01月24日 10:26

胸がときめく「秘密のガレージ」に興奮…海外サイトの反応

 

秘密のガレージ00
家庭の車庫は、名前が示す通り車を置いておければ良いわけですが、高級車ともなるとガレージにもひと工夫したくなるようです。

「秘密のガレージ」と題された、男の子なら胸がときめいてしまいそうなガレージが人気となっていたのでご紹介します。

秘密のガレージ01
一見シンプルな屋根付き車庫。

秘密のガレージ02
ういーん。

秘密のガレージ03
庭の中にこそっと隠れてしまう隠蔽方式のようです。あたりもカモフラージュされていて、まさに秘密基地状態。

周りの景色が格好いいのか、車が格好いいのか、それともこのガレージの仕組みが格好いいのか、もう揃いすぎですね。

このジェームズ・ボンド/007に出てきそうなガレージを見て、海外サイトのコメントも盛り上がっていました。

一部抜粋してご紹介します。

・「ここは死んでもらうよ、Mr.ボンド」

・このステキなシルバーの弾丸ポルシェに一票投じたい。

・オレもこれが欲しい。だが秘密のトイレもついてなければ嫌だ

・オレが考えていたことがそのまま形になっているのが嬉しいね。想像していたよりずっといい。

・こんなに完璧なポルシェをぶつけたいのか。これは悪いガレージだ

・バットマンの最初のプロトタイプだな。

・まだ車が見えているじゃないか。

・「仕事に遅れるっ、ああ、先に車に乗らなくちゃいけないんだった」

・これ欲しい。いくら?

・これでもう秘密じゃなくなった。

・このサイトが落ちていたら、本当に秘密だったな。

・洪水があるまではいいと思える。

・地震の備えもついていると思う

・漫画のアイデアを盗んだな。

実用性となると微妙ですが、こういうギミックはなぜかワクワクさせてくれますよね。

A Secret Garage (pics)

スパイのためのハンドブック (ハヤカワ文庫 NF 79)
ウォルフガング・ロッツ
早川書房
売り上げランキング: 1171
おすすめ度の平均: 4.5
4 地味でまじめな本です
4 スパイになるには,35歳ぐらいがリミットだそうです
4 フィクションの世界でなく、ノンフィクションの世界が赤裸々に描かれる
5 人を見抜くということ
4 スパイとは何かを知る第一歩

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。