2010年02月05日 19:28

アメリカ人が日本で買った1000円のリラックマを紛失、見つけた人に賞金9万円

 

コリラックマ
大切なペットがいなくなってしまい「探してください」と賞金を出す人がいますが、アメリカで小さな2つのぬいぐるみに賞金を出したカップルがいました。

なんと、そのぬいぐるみと言うのが日本で人気のリラックマ(コリラックマ)で、2年前に日本に旅行した際に購入したものだそうです。

だいたい1000円くらいしたというコリラックマ2つですが、発見者にはなんと1000ドル(約9万円)もの報酬を提示しています。

プロのピアニストであるクリストファー・フェレイラ氏にとって、このコリラックマたちは単なるぬいぐるみではなく、世界を一緒に旅してきた、とても思い入れのあるぬいぐるみだと言います。

2つはナンバーワン、ナンバーツーと名前が付けられ、ホームムービーを作るほどの凝りようでした。

1月24日に劇場前で落としたらしく、それ以来サインを掲げたり、ウェブサイトまで立ち上げてアピールしてきたようです。

ちなみにコリラックマたちを探すそのブログのタイトルは「クマたちもネコバスに乗る!」と言うものだそうです。

大量生産されたものでも、思い入れが強いと替えがきかない気持ちはわかる気がしますね。日本のリラックマが外国人にここまで思い入れを持たれているというのも興味深いところです。

残念ながらまだ見つかっていないとのことですが、思い入れがあると言う割に安直すぎるネーミングが、ちょっとだけ気になります。

Nothing To Do With Arbroath: $1,000 reward offered for missing toy bears

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
【ニュース】・ニコ動ユーザーにぴったりな「ニコニコ日本語入力powered by ATOK」無
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。