サイエンス / zeronpa / URL
2010年02月18日 23:58

鮮明なアンドロメダ銀河の写真をNASAが公開…赤外線探査衛星「ワイズ」が撮影

 

アンドロメダ星雲00
渦巻銀河としては、我々の銀河系から一番近い距離にあるアンドロメダ銀河ですが、目視が可能とは言え太陽系から230万光年も離れているため、今まで撮影された姿はボヤけたものばかりでした。

しかしNASAが昨年の暮れ(2009年12月14日)に打ち上げた広域赤外線探査衛星(ワイズ)"Wide-field Infrared Survey Explorer"によって非常に鮮明な写真が撮影され、公開されました。

アンドロメダ星雲01
Credit:NASA

渦巻銀河の名の通り、渦巻いた様子がはっきりと伺えます。

より大きな画像(6666x6666)はコチラからどうぞ。

赤外線撮影なので合成した色だと思われますが、青い部分は成熟した星、黄や赤の色は若い星とのこと。

ワイズは広角カメラにより全方位の天体地図を作製する他、地球に接近する危険な小惑星を探し出す役目も期待されているそうです。

聖闘士聖衣神話 アンドロメダ瞬(神聖衣)
バンダイ (2009-07-18)
売り上げランキング: 7535

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 遥か彼方、星の向こう  [ S.SASAKI [休日旅行人] ]   2010年02月19日 06:02
いやぁすごいですねぇ 鮮明なアンドロメダ銀河の写真をNASAが公開…赤外線探査衛
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。