面白ネタ / zeronpa / URL
2010年02月21日 22:58

言われてみると…映画の年齢指定には実はウラの意味があった

 

映画の年齢制限
映画やゲームにはレイティング(年齢規制)と言う区分が付けてあります。

日本の映画やDVDにも、PG-12、R-15+、R-18などの表示がされている、おなじみのものです。

これらの年齢区分には、実はウラ(本当?)の解釈のしかたがあるとして、海外サイトにまとめられていたものをご紹介します。

  • 「G」あるいは「U」(全年齢に適している): 誰も女をゲットできない。
  • 「PG」(保護者が内容を検討・一般向け): ヒーロー役が女をゲットできる。
  • 「PG12」「PG13」(12、13歳未満は保護者が監督): 悪役が女をゲットできる。
  • 「R15」(15歳未満禁止): ヒーロー役も悪役も女をゲットできる。
  • 「R18」(18歳未満禁止、かつてのX指定): みんなが女をゲットできる。
  • 「XXX」(ほとんどの州で売買が禁止): 女の家族や犬まで、もう制限なく誰でも女をゲットできる。

もちろんジョークなので、わかりやすい説明と言う程度ではありますが、確かに女性との良いシーンがあるかという観点で考えると、少し頷ける部分もありますよね。

実際は、暴力シーンが入るかどうか、罵りなどの卑語が含まれるかなど、欧米では細かく区分されているようです。

もちろん各国により規制の方法や区分のしかたが若干違い、全体的には正義のヒーローだけがヒロインを手に入れられるパターンのPGまでを、子供に見せても良いと言うことにはなっているようです。

これから映画を見るちょっとした参考に…なるようなならないような、レイティングシステムの説明でした。

Jokes 2 (son of Jokes!!!) - ebme forums

【エコポイント対象商品】 MITSUBISHI REAL 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ HDD320GB内蔵ブルーレイディスクレコーダー搭載 LCD-37BHR300
三菱電機 (2009-10-30)
売り上げランキング: 519
おすすめ度の平均: 4.5
4 思い切って買って良かった♪
5 吉○屋の牛丼のようです
4 リモコンの反応
3 概ね満足ですが・・・・
5 1ヶ月使った感想は、買って良かったの一言です。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。