2010年02月24日 12:21

あまりにユニークな借金の「取り立て屋」が話題に…スペイン

 

取り立て
この経済不況で世界中が影響を受けましたが、もちろん欧州も例外ではありません。

失業率が19.3%にも上ったスペインでは、現在400万人が無職と言われています。求職が非常に難しい中、逆にうなぎ登りの人気ビジネスがあるのですが、それは借金の取り立てだそうです。

スペインで、かなり変った取り立て屋がいるとして、大きな話題を集めていました。

シルクハットで借金取り立て
日本でも借金の取り立てと言うと、およそまともではない怖いイメージがありますが、なんと「El COBRADOR DEL FRAC」という会社ではシルクハットにタキシードを着こんだ男性が送られてくるのです。

さて、彼らが何をするかと言うと、黙ってデートやレストランまでついてきて恥をかかせると言うものです。あるいはスーパーヒーローの格好をした恰幅のいい男性たちが、経済的に困難なあなたのために寄付してくれるよう、近所の家をまわると言うものです。

要は、債務者に恥を大いにかかせて借金を取り立てるというわけです。この会社のマネージャーによると「スペイン人は精神的にマッチョで、自分の失敗に対して注目を浴びるのが嫌い」と言う気質なのだそうです。

もちろんこういった手段は全く新しいわけではなく、マドリード大学・社会学部のJuan Diez Nicolas教授によると、中世の時代から公共で辱めることを威圧として行っていたようです。

スペインでは借金の返済に関して法律がゆるく、請求に関して95日も猶予を与えたり、、また裁判所でも未払いの案件は優先順位が低く、借り手を裁判所に出廷させるまでに3年もかかることがあると言います。

政府と司法システムの動きがないことで、特に不況下においては踏み倒せると考える人々が増加します。そして踏み倒されたために潰れていくビジネスもあるため、そういう人々を救う意味もあるとのことです。

世間体を気にするという点では、日本でも同じように効果的かもしれませんね。

In Spain, Debt Collectors Use Public Shaming to Extract Payment - ABC News

元サラ金取立てナンバーワンが書いた 自己破産せずに借金を返す法『特定調停』があなたを救う!
金森 信二郎 金森 重樹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 218751
おすすめ度の平均: 4.5
3 仮に好意的な見方をするにしても、絶対視は危険だと思う。
5 私は、この本で助かりました。
5 1億円のホームページか・・・
5 これ以上の本はないのでは?
5 特定調停での交渉のポイントが詳しくわかりました!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。