2010年03月02日 23:51

逆転の発想とはこのこと?…誰もが目をひく店頭広告

 

逆さ広告00
冬季五輪で盛り上がったカナダ・バンクーバーの往来で、なぜかひっくり返っている車と自転車。

少しでも多くの人の目にとまるように、広告主は斬新なアイデアが無いか日々考えていますが、逆転の発想というか、本当に逆さにしてしまったという店頭広告だそうです。

いったい何の広告だと思いますか?

逆さ広告01
こちら、GAPというアメリカ最大の衣料品小売店が打ち出したキャンペーンだそうです。

逆さ広告02
キャッチフレーズは「ショッピングがひっくり返る」“Shopping turned on its head”ということで、店内のマネキンまでが逆さ。

逆さ広告03
紙袋のブランドロゴまで逆さと言う徹底ぶりです。

逆さ広告04
どんなファッションなのか見てると首を回したくなってきますね。

逆さ広告05
ホットドッグ・スタンドもひっくり返ってます。

逆さ広告07
突然こんな光景をみたら、立ち止まって見てしまいますよね。

逆さ広告06
注目度や話題性には成功してますが、ちょっと買いにくいかなぁ…。

でも面白いことを考えるものですよね。

こちらが設置の映像。逆立ちパフォーマンスまであるようです。

Topsy Turvey

マック フェニックス
マック フェニックス
posted with amazlet at 10.03.02

売り上げランキング: 4

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。