サイエンス / zeronpa / URL
2010年03月03日 22:35

火星の地表に不思議な模様…探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」が撮影

 

火星の謎の縞模様00
火星探査機「マーズ・リコネッサンス・オービター」は、今後の地上探査のための着陸地点を調査する役割を担い、NASAによって2005年8月に約700億円の予算で打ち上げられました。

偵察衛星並の高解像度カメラによって、火星の地表に謎の模様が写し出されているとして話題となっています。

※画像をクリックして拡大(credit:NASA)
火星の謎の縞模様01
墨と筆で描かれたような、不自然とも言えるほどクッキリと鮮やかな縞模様。

場所はアケロン谷"Acheron Fossae"と名付けられた700kmほどの地域。砂丘に囲まれたこの模様は数百mに及ぶそうです。

なぜこのような模様が出来たかは議論中のためはっきりとした答えは出ていないそうですが、非常に乾燥しているか、または細かい粒子の砂が、谷の斜面を液体のように流れ、さらに雪崩によって下の層が露出した結果、この様な模様になったとみられています。

火星の謎の縞模様02
明るい砂は古い部分とみられ、新しい黒い砂が上に折り重なるようになっており、障害物によって流れが分離しているとのことです。

見れば見るほど不思議ですが、殺風景な火星の地表に落書きしたような綺麗な模様が描かれているというのは何かロマンを感じますね。

ちなみにアケロン谷のそばには、太陽系最大の火山であるオリンポス山があるそうです。

Slope Streaks in Acheron Fossae

火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)
エドガー・ライス バローズ
東京創元社
売り上げランキング: 81513
おすすめ度の平均: 5.0
5 武部本一郎氏との合作。
5 夏休みの課題図書に指定すべきだ(笑)
5 火星に戻る
5 ワクワクハラハラの世界!!
5 今までで一番面白かった本

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。