2010年03月19日 22:41

ビールは誰が買ってくるべきなのか…と言うお話

 

ビール

ある土曜日の昼下がり、バッタとカタツムリとムカデが、バッタの家でビールを楽しく飲んでいました。

ところが盛り上がっているさなかビールを切らしてしまい、誰かにビールを買いに行ってもらうことにしたのです。

カタツムリは言いました。
「僕が買いに行ってもいいんだけど、僕は遅いからなぁ。バッタ君、君ならこの近くのことは一番よく知ってるだろう?」

バッタは言いました。
「僕が行っても構わないよ。ただし、僕は跳んじゃうのでビールがシェイクされて、開けるころにはそこらじゅうにスプレーされちゃう。」

そこで遅くもなく、跳びもしないムカデがビールを買いに行くことになりました。バッタはムカデに、近所の酒屋へ行き方を説明します。

そしてムカデが出発してから1時間ほど経ちましたが、ちっとも帰ってくる様子がありません。

仕方ないのでカタツムリとバッタは、店までムカデを探しに行くことにしました。

すると…ムカデはすぐ見つかりました。











彼は家の玄関に座って、まだ靴を履いていたのです。

教訓: 不安材料の吟味は抜かりなくしなければいけない。

Ya Value Prescripti0n - GardenBanter.co.uk

日本人の知らない日本語2
蛇蔵 海野凪子
メディアファクトリー (2010-02-19)
売り上げランキング: 25
おすすめ度の平均: 5.0
5 言語に対して柔軟でいられる日本人について考えた
5 前巻より、内容が濃く、さらにおもしろく!
5 ことばと文化
5 日本語を再発見できる面白さ
5 日本人でも、十分に勉強になる

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. ビールは誰が買ってくるべきなのか…と言うお話【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年03月19日 22:52
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。