2010年03月24日 23:58

珍しい血液型の男性、半世紀で200万人の赤ちゃんを救う…半世紀で1000回近くの献血

 

赤ちゃん
血液型と言うと、A型、B型、O型、AB型のどれかに分類されますが、その他にもRH式血液型などがあり、中にはとても珍しい血液型を有する人がいます。

オーストラリアのジェームス・ハリソンさん(74)は珍しい血液型を持つため、過去56年間に984回の献血を行い、今までに救った赤ちゃんの命は200万人以上にもなると言います。

ジェームズ・ハリソン01
ジェームス・ハリソンさんの血液の血漿(けっしょう)には抗体があり、RH病と呼ばれる死の危険性がある新生児溶血性疾患から無数の赤ちゃんを救ってきました。

彼の血液のおかげで何人もの母親が無事に出産することが出来、彼自身の娘も父親のおかげで健康な息子を産むことができた母親の一人だと言います。

ハリソンさんは18歳のときから献血を始め、当初は珍しい血液型だったことから、彼の命に100万オーストラリアドル(約8300万円)の生命保険がかけられました。

彼が提供した血液によってD抗原のワクチンの発展にも役立ったそうです。

献血をやめようと思ったことは一度もないと言うハリソンさん。

それには理由があり、14歳のときに3ヶ月ほど入院した彼は胸の手術をすることになり、13リットルもの輸血が必要になったそうです。そのときもらった血液が自分を生かしてくれた、だから自分も献血をしようと18歳のとき誓いを立てたと語っています。

そしてその後献血を始めたところ、抗体を持つ珍しい血液型であることが判明したのです。

ジェームズ・ハリソン02
オーストラリアでは当時、何千人もの赤ちゃんがRH病で亡くなっていました。新生児と母親の間で血液が不適合を起こしてしまうのです。

RHマイナスの血液を持つ彼はRHプラスの輸血を受けており、その彼の血漿は多くの女性の治癒に繋がったのです。おそらく220万人くらいの赤ちゃんの命を救ってきただろうと見積もられています。

献血回数のギネス記録も保持する彼は、9月には1000回目の献血を迎える予定です。

ひとりの命を救うだけでも大変なことですが、200万人という途方の無い数字には、ただ恐れいるばかりです。

'Man with the golden arm' James Harrison saves 2million babies in half a century of donating rare blood

脳からストレスを消す技術
有田 秀穂
サンマーク出版
売り上げランキング: 76
おすすめ度の平均: 4.5
4 一理あります、これですべてがよくなるわけではありませんが。
5 出るべくして出た本!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 小沢の闇の声が2チャンネルにも光臨?スレッド全滅!?  [ 毎日旭読み捨て新聞 ]   2010年03月25日 03:37
鳩山首相が、5月には決着を付けたいとしている普天間問題に 小沢氏が決着を付けた。 圏外移籍にするそうです。 ただし、(私が意見を言える立場では ないが)と、責任を鳩山首相に押し付けた感じ。 圏外って、どこへ? そこで、そいうのには詳しい、2チ....
3. 献血により200万人以上の赤ちゃんの生命を救った人の話と、Rh病について  [ 中古カメラバカ一代 ]   2010年06月20日 23:53
らばQ:珍しい血液型の男性、半世紀で200万人の赤ちゃんを救う…半世紀で1000回近くの献血 ちょっと理屈が難しいんですが、Rh病については高校の生物の教科書にも載っていることがあります。 http://d.hatena.ne.jp/semi_colon/20100325/p2が比較的わかりやすいようです。 ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。