2010年03月28日 13:27

亡くなった夫の夢を叶えるため、残された妻が世界中を飛び回る

 

妻が夫の夢をかなえる00
夢を叶えたいと思う心は誰にでもあります。

ですが必ずしも夢が叶うわけではありません。途中で挫折したり、病気をしたり、叶わぬまま死んでしまうことだってあります。

世界各地の歴史的な場所を見て回りたいという亡夫の夢を代わりに叶えようと、妻が遺灰を持って世界中を回ったというニュースがありました。

妻が夫の夢をかなえる01
イギリス人のリタ・ムンさん(63歳)は、3年前の2007年に夫のリチャードさんがガンで亡くなったとき、彼と一緒に見るはずだった世界を見せてあげようと封筒に彼の遺灰を入れ、旅立つことを決意しました。

以来、中国の万里の長城に登り、ニュージーランドの熱帯雨林を歩き、イスラエルの聖地を巡礼してきたそうです。

行った先では必ず夫の遺灰をまいてきたそうです。国境で没収されるおそれもあることから、灰は最低限の量だけ所持していました。

もし夫のリチャートさんが生きていれば、二人で一緒にそれらの土地へ旅をしていたはずで、また、一人で大胆に旅行しながらも灰をまくときは、とても感傷的な気持ちになったと言います。

40年間連れ添ってきた彼の死によって彼女の人生にはポッカリと穴が空いたような気持ちになり、世界のどこへ旅をしても何かが足りない気がして、それが彼なのだと、そう語るリタさん。

ガンの末期にはリチャードさんは歩けなくなり、車椅子生活を余儀なくされ、痛みを訴える状態でしたが、彼はそんなときでさえ他の患者への配慮も忘れなかったと言います。

いろんな人から厚意を受け、長いことを連れ添ってくれた夫への感謝から、今度は自分が返す番だと思ったそうです。

以下が彼女が回った場所です。

  1. 2007年8月 フォードハム、ケンブリッジシャー  リチャードさん生誕地 8マイル
  2. 2007年8月 エクスニング、サフォーク 二人が一緒に住んでいた場所 0マイル
  3. 2007年9月 ミラノ、イタリア 娘が住んでいる場所 1678マイル
  4. 2007年9月 イスタンブール、トルコ 3922マイル
  5. 2007年9月 万里の長城、北京、中国 9693マイル
  6. 2007年10月 キラリー、アイルランド 836マイル
  7. 2007年11月 ベルギー、カレイ・フランス、600マイル
  8. 2008年4月 イスラエル、巡礼地 2366マイル
  9. 2008年7−8月 ダンディー、スコットランド 868マイル
  10. 2008年10月 ノーフォーク 103マイル
  11. 2009年3月 香港 11900マイル
  12. 2009年3月 北アイスランド ケープレインガ、ニュージーランド 22530マイル
  13. 2009年12月 スイスアルプス、ルツェルン、スイス 1398マイル

合計で55902マイル(約9万km)に渡る、地球2周分以上の旅。

長く連れ添った夫婦の、言葉では語れない愛情の強さを垣間見た気がします。

Widow fulfills husband's travel dreams by scattering his ashes all over the world

夢が見つからない人のためのシンプルな習慣 1日3分「夢」実現ノート
岡崎 太郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 26141
おすすめ度の平均: 4.5
3 夢が見つからない人のために
3 具体的でテンポ良く読めます
4 計画の位置づけ
4 手帳日記本
4 役に立つ本です

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。