2010年03月30日 16:07

億万長者が豪邸を建設中…敷地内では労働者も肉を食べちゃダメ

 

お肉
文化や思想の違いは簡単には超えられない壁ですが、それにより生活習慣も大いに変わってきます。

インド人の億万長者の夫婦がオーストラリアに7000万ドル(約65億円)級の豪邸を建設中なのですが、建設労働者たちに敷地内で肉を食べることを禁止したことで注目を集めています。

インド人の億万長者の夫妻
インド生まれのPankaj Oswalさんとその妻Radhikaさんは、オーストラリア・パースの一番値段の高い地域で、完成すればオーストラリアで最も大きい豪邸を建設中です。

注目すべきはそれだけでなく、敷地内で肉の入ったあらゆる食品を食べることを禁止としたのです。

豪邸の建築は2011年に終える予定で、並の家のサイズはあろうかというジム、ビューティ・サロン、展望台、17台を収容できる駐車場、通常の庭の10倍は大きなプールなどが含まれています。

建築業者らは、この食品の禁止は間違っていると言い、7000万ドルの豪邸を建築するのと、何を食べてはいけないかを決定するのは別事項だと訴えています。

宗教の違いは尊重するものの強制には反対だと主張し、これにより敷地内の一番端にある小さな小屋でだけは肉を食べることを許されたようです。

今週新たにニューヨークで、菜食主義者用のレストランチェーン店を開く準備をしているという夫妻。

生まれてからずっと菜食主義者と言うOswal夫人は、過去に肉食を「地球のレイプ」と呼んで非難したこともあり、肉を食べることは悪いカルマ(因果応報)で、悪いサイクルを作り出し、環境的にも経済的にも社会的にも破壊していると伝えています。

宗教や思想上の違いはデリケートなものですが、特に異国の地ではいろいろな軋轢(あつれき)が生まれる元となるため、大きな議論を呼ぶものと思われます。

Billionaires Pankaj and Radhika Oswal declare meat war on building site | News.com.au

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。